中高年の自己プレゼンは転職エージェントの経験値・理解度に注意

中高年として転職エージェントの経験値に注意し相手の理解度を高める

中高年の積極的な自己プレゼンテーションは、転職エージェントやヘッドハンターの誤解や勘違いを防ぎ、是正するという目的でも非常に有効です。

 

求職者であるこちら側は、転職エージェントに100%理解して貰えたと考えていたが、実は相手が誤解していた、真の理解度は80%だったという経験も私はしています。

 

私の場合、それは若年の転職エージェントで経験しました。

 

 

転職エージェントの年齢に依る社会人としての経験値

エージェントの経験値

転職エージェントの
経験値

私が経験した若年の転職エージェントの20%の勘違い、それは転職エージェント自身も自分は求職のバックグランドを100%理解したと思い込んでいるものでした。

 

自分で100%理解したと思い込んでいるのですから、求人オファーのマッチングでも微妙な齟齬がありました。

 

若年であれば社会人、人間としての経験値が我々中高年の人間よりも少ない、浅いケースが大多数です。

 

求職者である自分の事を理解して貰う為にも、転職エージェントの社会人経験値にも着目し、必要に応じて、人を見て理解度を高めるように努めるべきです。

 

80%は決して100%ではない

ここで注意して頂きたいのは、80%理解してくれても、それは決して100%ではないという事です。

 

例えば、貴方の業界の内容や経歴やスキルの価値を50%も理解してくれない能力の低い転職エージェントやヘッドハンターから、ある求人オファーを受け、それが失敗に終わった経験を持つ人は、その次に違う転職エージェントから求人オファーを受け、理解度80%となった、「前の担当者と比べて良くやってくれる」と安心してはいけない、という事です。

 

100%に満たないところが原因となり、

  • せっかくの有利な求人オファーを受けられない
  • オファーされた求人で採用されない
  • 転職・再就職活動の方向性を誤る
  • という事は十分にあり得る事です。

常に、転職・再就職活動を支援するプロへの理解度は、100%を目指すべきです。

 

転職エージェント自身にもメリットが

中高年である貴方を、より深く正確に理解する事は、サポートをする転職エージェント自身にもメリットとなります。

 

求人する企業側が求める人材の内容と価値を正確に把握する事で、求人する側からの信用度が高くなるのです。

 

分かり易く言えば、求人をしている企業から、「よく我社が求めてういる内容を理解してくれた」と評価されるわけです。

 

さらに、こうした経験はエージェントが積めば積むほどに転職のプロとしての実力を備える事となります。

 

両者にとってメリットの多い求職者のプレゼンテーション、必ず実行して下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク