中高年としての実績を転職支援のプロにプレゼンテーションする

転職エージェントの理解度に比例し求人オファーの可能性が広がる

中高年の転職・再就職希望者であれば、キャリアを積んでいる業種を転職エージェントやヘッドハンターなどのプロに理解して貰い、更にその業種の中での貴方の実績の価値を十分に理解して貰う必要がある事を前ページでお伝えしました。

 

貴方の実績やスキルの価値を、支援するプロに深く理解してもらう事で、求人オファー件数が増える可能性が大きく広がります。

 

 

転職エージェントへのプレゼンテーション

転職エージェントへの求職者のプレゼン

転職エージェントへの
求職者のプレゼン

中高年としてキャリアを持つ業種、その中での自分の実績を転職を支援するプロに理解して貰うという事は、あたかも自分自身のプレゼンテーションです。

 

必ず実行するべきです。

 

これは一般的に知名度の高い業種、誰もがすぐに理解できる業種でも同じ事が言えます。

 

良く知られている仕事であっても、転職エージェントやヘッドハンターの理解度を確認し、さらに理解度を深める事をするべきです。

 

何故ならば、より理解度を深めて貰う事で、関連業種の求人オファーを受ける可能性があるからです。

 

貴方が気が付かない業種の求人を提案してくれるケースがあるからです。

 

理解度が50%と100%ではオファー数も変わる

転職の支援をするプロの、貴方という中高年の求職者に対する理解度が、50%の場合ではマッチングが低いと判断された求人はオファーされない場合があります。

 

彼等も仕事ですから、例えば80%以上のマッチングであれば求人をオファーしたりスカウトをするが、それ以下のマッチングでは求人が提示されないという事です。

 

しかし貴方への理解度が100%となった場合、それまでは「この求人はマッチしない」と判断され除外されていた求人がオファーされる可能性が出てくる、マッチングすると判断される求人が増える可能性があるのです。

 

やはり私自身が、そういう経験をしています。

 

転職エージェントとの打ち合わせで自分のプレゼンテーションといえる自己紹介とPRを終えた後、「では今オファーしている求人以外で、この求人もマッチングしますね。」とオファーを受けた経験があります。

 

また「求人と応募のマッチングは自分で勝手に判断せず転職のプロに任せる」にも書きましたが、自分では検索も出来なかった業種の求人で、マッチングしますとヘッドハンターからオファーを受け、面接まで用意された経験もあります。

 

転職のプロが熟知する類似業界の求人

私には未経験で未知の業種であっても、転職のプロはその業界を熟知している、また実際に転職や再就職をサポートし成功している場合があります。

 

そのプロが、「この人の経歴やスキルは、この業種でも活かせる筈だ、付加価値が高い。」と判断し求人をオファーするのです。

 

貴方を良く理解した上でのオファーです、必ずある程度の正確なマッチングとなりますし、我々中高年を以てしても知らない、思いつかなかった業種、仕事のオファーを受ける事もあります。

 

餅は餅屋という事です。

 

転職エージェントやヘッドハンターにサポートを依頼する場合、自己紹介を兼ねた今までの経歴説明が求められますが、それを超える積極的な自己プレゼンテーションを行うようにしましょう。

 

転職、再就職の可能性を広げ、また高める事となります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク