中高年の転職・再就職 - リタイヤ後 50代 - 再就職オファー

リタイヤ後の再就職オファー 50代

55歳で10社目の会社勤めを辞め、独立して小さな個人事業をスタートした私…会社をリタイヤして8カ月以上が経ち、56歳となった私に或る日、登録したままとなっていた外資系転職サイトから、再就職のオファーが舞い込みました。

リタイヤ後の再就職オファー 50代記事一覧

56歳の私に外資系の転職サイトから再就職オファーが


56歳の私に外資系のオファー

55歳で会社勤めを辞め、アフィリエイトビジネスに没頭し、それなりに業績を伸ばしていた56歳の私に、登録しておいたままであった、8社目の転職でお世話になった外資系転職サイトのエージェントから再就職のオファーが舞い込んだ。

≫続きを読む

 

外資系企業の求人要綱内容のみで待遇等の記載が無い英文書類


待遇等の記載が無い英文書類

私はオファーの求人要項の内容だけはチェックすると転職エージェントに告げ電話を終わった。送信されてきた要項書類は全て英文で、内容は外資系メーカーの求人要望事項のみが記載されており、就職後の待遇や条件などの記載は一切無かった。

≫続きを読む

 

再就職後の待遇や条件を転職支援サイトに質問し先輩に相談


先輩に相談

求人外資系メーカは私へのオファーとは別にエンジニア求人もしており、その求人がエンジニア専門転職サイトに記載されていた。そこに記載されている待遇や条件を基に、転職サイトに質問メールを送信し、同時に業界の大先輩に相談をした。

≫続きを読む

 

転職・再就職支援担当者の優劣レベルは個々に違うと再認識


支援担当者の優劣レベルは個々に違う

外資系転職サイトから受けた、やはり外資系メーカーの求人オファーに対し私は、自分の英文レジュメを最新版に修正し提出した。しかしその後10日経ってもオファーして来た転職サイトの女性エージェントからは何の連絡も来なかった。

≫続きを読む

 

中高年が外資系企業を転職・再就職先とする際の心掛けを再認識


外資系企業を候補先とする際の心掛け

外資系転職サイトの担当者に英文レジュメを提出してから3週間が経ったが、種類審査に関する状況の情報は何ももたらされなかった。中高年が外資系企業を転職先、再就職先の候補とする際は、時間的な余裕と複数の求人応募を考えるべきだ。

≫続きを読む

 

求人応募状況の連絡督促と転職・再就職支援担当者からの返事


求人応募状況の連絡督促

外資系専門転職サイトからのオファーに対応し、外資系メーカーの求人に応募書類を提出し2か月が過ぎた。転職サイト担当者からは何の連絡もなかった。結果は書類審査で不採用であったが同じ結果でも担当者に依って終わり方が違うと感じた。

≫続きを読む

 

中高年の転職は優秀な担当者と多くの転職サイト登録が必須と再確認


優秀な担当者とサイト登録

56歳で全く思いがけずに受けた求人オファーへの応募体験を通じて私は、中高年の転職・再就職の成功には優秀な転職エージェントとの出会い、そしてサポート、また1社でも多くの転職サイト登録が必須であると改めて再確認をした。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead