不可抗力で失業し再就職が出来ない中高年は視野を広げる努力を

転職支援サイトからの求人オファーに就職先の視野を広げるヒントが

中高年でも人材として付加価値が高く、希少価値のあるスキルや即戦力となるキャリアや資格を持つ人材であれば転職も再就職も困難ではありません。

 

但し、それら武器と呼ばれるモノを持たない中高年の場合、まず有利な転職も再就職も望めないと覚悟をしておくべきです。

 

 

武器を持たない失業した中高年

求人オファーを精査する

求人オファーを精査する

現職の待遇、環境に対する不満を転職で解決しようと思うならば、慎重な上にも慎重な検討を重ね、決して一時の感情で退職をするべきではありません。

 

こちらのカテゴリー「辞職・転職の前に中高年が考えるべき事」の記事も是非参考にして下さい。

 

問題なのは、リストラ、疾病、怪我などの不可抗力で不本意ながらも失職し、失業状態となった中高年の再就職です。

 

特に上記のような有利で強力な武器を持たない40代後半から50代の、失業した中高年の再就職は厳しい状況であると言わざるを得ません。

 

求人オファーを精査し再就職先の視野を広げる

転職支援サービスサイトに登録しますと、公募に近いオープンオファーなり、個人を指定したスカウト求人メールを受け取る事となります。

 

求職者の経歴などに基づき、マッチングする可能性のある求人情報を知らせてくれるサービスですが、時に自分にはマッチングしないと思われるオ求人ファーを受ける場合もあります。

 

その際、何故そのオファーを受けたのかを詳細に調べてみる事をお勧めします。

 

私自身、こちらの「保険とした転職オファーと転職・再就職支援で違う応募者の扱い方」でもご紹介していますが、今までに考えた事もなかった業界からの求人オファーを受けた経験がありました。

 

何かのキーワードに引っ掛かったにしろ、または転職支援のプロが何がしかの可能性を見つけたにしろ、求人オファーを受けたという事は、そこに自分の知らない何かがある筈です。

 

その何かは、得てして求職者自身が気が付いていない何かです。

 

その何かを見つける事で再就職先に対する視野が広がる可能性があります。

 

自分が知らない気が付いていない可能性

転職支援サービスから配信される求人オファーに注意をし、是非とも視野を広げるようにして下さい。

 

それは、まさしく自分は気が付いていないが、転職支援のプロが見つけ出した転職・再就職の可能性です。

 

自分の今までの職歴とは関係がないと思われる仕事の求人であったり、違業界や職種の求人であったり、マッチングしないと思われる求人オファーで、また現実的には応募しても採用されるとは限りません。

 

ですが貴方は転職のプロでもベテランでもありませんが、オファーしたのはプロです。

 

必ず、そこには貴方が見えない、今まで知らなかった可能性のヒントがある筈です。

 

また以下の関連記事も参考にして下さい。

そのヒントを得る為にも、1つでも多くの転職支援サイトに登録するべきです。

 

再就職がなかなかと決まらない際、時間と手間を費やす価値があるのが、転職支援サイト、エージェントへの登録です。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク