選ばれてオファーを受け求人を選ぶ中高年となり再就職を決める

中高年の再就職の人材価値は転職支援サイト担当者の課題でも決まる

大手の有名な転職支援サイトは、ほぼ全ての業種と職種に関する転職・再就職のサポートを網羅しています。

 

しかしそこで働く転職支援のプロは、扱う業種が担当者で振り分けられています。

 

また、中小の転職支援サイトでは、特定の業種のみの転職支援に特化しているケースも少なくありません。

 

彼等の仕事は、「こういう人材が欲しい」という求人を出す企業のリクエストに基づき、それにマッチした特定の能力やキャリアを持つ人材を求人する企業に紹介し、就職を斡旋する事です。

 

 

転職支援サイト担当者が決める中高年の人材価値

転職支援サイトが決める中高年の人材価値

転職支援サイトが決める
中高年の人材価値

つまり、この転職支援サイトの担当者が持つ課題や仕事が貴方の中高年としての人材価値を決めるのです。

 

前ページでお伝えしたように、やはりそれは社会のニーズと同様に日々変り、また追加となり、日々採用が決まっているのです。

 

ここでも昨日の事が今日は通用しない状況です。

 

何故なら転職支援サービス会社の担当者が今日、新しいリクエストを求人を出す企業から受けているかも知れないからです。

 

または昨日の人材へのリクエストを一部変更しているかも知れませんし、要求する事項を減らしたり、また逆に追加しているかも知れません。

 

条件が厳しく変化する場合もあれば、緩和される場合もあるのです。

 

再就職の可能性を放棄しない中高年に

中高年に限らず日々刻々と状況や条件が変わる再就職の求人市場を、我々が正確に把握する事は不可能です。

 

転職や再就職をサポートするプロでも同様に、自分が担当する求人案件の条件や状況が変化するのかしないのか、変化する際の内容等を正確に予測する事は事実上不可能です。

 

何が、どう変化するのか予測が出来ない人材市場で、中高年が自分の人材価値、客観的な求人ニーズを正確に把握し、採用のチャンスを逃さず再就職を決める為には、どうしてもプロのサポートは不可欠となります。

 

経験者の私に言わせれば、2、3か所の転職支援サイトに登録しているだけで再就職が決まらないと嘆く中高年など論外で、自分で再就職の可能性を放棄していると言わざるを得ません。

 

可能であろうが不可能であろうが、目標としては、求人を選び応募するという立場を目指すべきです。

 

上にご紹介した転職支援サイトからの最新情報を幾つも受信しアップデートな状況を把握し、その上でニーズに合った人材として選ばれて求人オファーを受け、そして選ぶ立場の中高年の求職者となれるよう、転職支援サイトの活用を推進して下さい。

 

まだ登録していない転職支援サイト、エージェントを、こちらでチェックしてみて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク