中高年が再就職に成功する人材の価値は社会が決め変化する

中高年の再就職の人材価値は先ず社会が決め刻々と変化

今すぐにでも再就職を決めたいと考える中高年の方に今一度考えて頂きたいのは、「貴方の人材価値は誰が決めるのか!?」という事です。

 

求人を出す企業の採用決定者でしょうか?転職支援サービスの担当者やヘッドハンターでしょうか?

 

 

貴方の人材価値を決めるモノ

社会が決める中高年の人材価値

社会が決める
中高年の人材価値

中高年であれば、それなりの社会人経験を持つ貴方の社会的な価値は誰が決めるのか、また、どうやって決めるのか、決まるのかを考えてみた事はありますか?

 

私の転職や再就職をサポートしてくれた、色々な転職エージェント、キャリアコンサルタント、ヘッドハンターの方々との交流で学んだ事、それは求職者の人材価値は社会と時勢が決めるという事です。

 

貴方の社会での人材価値は、残念ながら貴方自身では決められません。

 

社会が、企業が、そしてその時の時勢が客観的に決めるのです。

 

更に言えば、その時に転職支援サービスが欲している、求人を出している企業のリクエストに、どれほどマッチする人材であるかで決まるのです。

 

それは貴方が自身で持っている自分に対する人材評価より低い場合もあれば、逆に高い場合もあり、またそれも時勢で変化します。

 

人材の価値というモノは、その時その時で決まるモノで変化し続けると結論付ける事が出来るでしょう。

 

企業が求める人材を理解する事に関しては以下の記事もご一読下さい。

 

社会が決める中高年の人材価値

先ず、社会が求める人材、それが時勢で変わる事はご理解頂けると思います。

 

経済が右肩上がりの成長を続ける時と、そうではない時では求人市場は変わります。

 

業種に依っても違えば、世界経済の動向でも違ってきます。

 

それは日々刻々と変化し続けていると言っても決して過言では無いでしょう。

 

つまり貴方の中高年としての人材価値は日々変化するという事を認識する必要があります。

 

昨日起きたことは既に今日は通用しない事も有り得るという事です。

 

逆に言えば、昨日は不採用の通知を受けても、今日は違う人材ニーズが発生している可能性があるという事なのです。

 

昨日、マッチングしません、と言われた求人が、明日はマッチングします、スカウトさせて頂きます、と変わる可能性も充分にあるのです。

 

そのためには、自分の間口を広げておく事が肝心です。

 

前ページでお伝えした、再就職に対する条件や希望の見直しも、その有効な手段の1つです。

 

以下の記事も参考にして下さい。

どんな場面でも、情報を多く持つ者が有利な展開が可能となります。

 

それは中高年の再就職活動でも全く同じ事です。

 

更に中高年の人材価値を決める要素に、求職者では分からない転職支援サイトと求人企業の意向があります。

 

次ページで詳しくご説明します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク