中高年の転職・再就職 - 無職状態が続き活動が停滞し社会と隔たりが

再就職が決まらず無職状態が続く中高年と社会との隔たり

私自身も50歳代で経験をしていますが、再就職が決まらない、無職の状態が続くと、どうしても失意の底に堕ちこんでしまうものです。その結果、現実社会から目をそむけたくなり、アップデートな社会と自分に隔たりが生じると考えています。

再就職活動が停滞する時期の中高年と社会との隔たり

終身雇用という日本独特の雇用制度、習慣が崩壊してからは、50代だけではなく40代、さらには30代でのリストラも日本では珍しくなくなりました。

 

現在会社に勤務しながらの転職活動であれば、時間的にも金銭的にも精神的にも、ある程度の余裕が持てた活動が出来ますが、リストラを含めた解雇で失業するという事態に際し、再就職を早く決める必要に迫られる、しかし思うように再就職が決まらないという中高年の方は少なくありません。

 

では、どうすれば再就職が出来るのか、成功するのか…

 

私が再就職出来た要因

 

再就職活動停滞時期の対策

再就職活動
停滞時期の対策

私自身、こちらの「8社目① 50代 外資系転職サイト求人」でご紹介しているように数か月間、無職の失業状態が続いた経験があります。

 

当然ながら、ハローワークのみでなく数多くの転職支援サービスサイトに登録し、毎日求人を検索し続け、求人内容に目を通し応募をしていましたが、それでも再就職が出来ないどころか、書類審査で合格しない、面接にも呼ばれない時期がありました。

 

非常に精神的に辛い日々でしたが、しかしその後、再就職を果たす事が出来たのは、転職支援サイト、そしてエージェントの方々のプロの支援のお蔭でした。

 

ですが100%、全て転職支援サービスのサポートのお蔭であるとは考えていません。

 

失意を感じながらも自分自身で独力で行った事が幾つかあります。

 

再就職活動の停滞と社会との隔たり

 

転職、また再就職活動をスタートし、運よく希望、条件にマッチした求人で就職が決まる場合もあれば、中高年であるが故に求人自体が見つからない、求人が少ない場合もあります。

 

また再就職活動を開始し、当初は色々な求人に応募しても、ことごとく不採用となり、精神的にダメージを受けて自暴自棄気味となり、その後の積極的な再就職活動が停滞するケースもあります。

 

そんな停滞時期に注意すべき点は、現実社会との隔たりです。

 

情報不足に陥る事です。

 

転職活動が停滞する、求人が見つからない、自分が中高年である事に大きなハンディーキャップを感じる、そんな状況では誰しも失意の底に堕ちてしまいます。

 

実社会で堂々とハツラツと活躍する中高年の第一線のビジネスマンと自分を比較し、その格差から目をそむけたくなります。

 

その結果、どうしてもその時点でのアップデートな社会と隔たりが出来てしまうと私は考えていますし、実際、私がそうなりました。

 

しかし、それでは益々と転職・再就職の成功から遠のいてしまいます。

 

再就職活動に於いて最も重要で採用の決め手となる自己PR資料に関して、最新の情報が反映されていないPR資料となってしまう可能性があるのです。

 

最新の現実の社会動向と隔たりのある自己PR資料では、採用決定者の関心を惹く事は出来ません。

 

自己PR資料の重要性に関しては、以下のページも参考にして下さい。

 

前のページ 次のページ

再就職が決まらず無職状態が続く中高年と社会との隔たり 関連ページ

中高年として適切な再就職活動をしているかをチェックする
中高年で再就職が出来ないという方で、希望する求人や条件に合う求人が見つからない、求人応募をしたが不採用となったりという2つのケースで、それぞれ適切な活動をしているか、先ずチェックをしてみて改善すべき事をお伝えします。
中高年の自己PRを最新の求人情勢に合わせ再就職活動
中高年の再就職活動の停滞で生じてしまう社会の隔たりを埋める、最新の社会の求人動向を把握する為に私は、転職サイトが提供する求人情報を熟読しました。更に求人情勢に合わせ転職サイトに登録した自己PR書をブラッシュアップしました。
中高年が再就職に成功する人材の価値は社会が決め変化する
再就職を望む際に、貴方が中高年としてどんな素晴らしい経歴を持っていても、逆に誇れる経歴を持っていなくても、どちらのケースでも中高年としての人材価値は自分で決める事は出来ません。中高年の人材価値は、先ず社会が決めるものです。
選ばれてオファーを受け求人を選ぶ中高年となり再就職を決める
再就職に於いて中高年の人材価値は先ず社会情勢で決まりますが、転職サイト担当者が求人企業から請けたリクエストに依っても評価が決まり変化もします。選ばれてオファーを受け、求人を選ぶ中高年となれる環境を作り再就職を決めましょう。
大多数の中高年が避ける条件を敢えて受け入れる条件で登録
前ページでは選ばれる中高年求職者になり再就職を決める事をお伝えしましたが、全く逆の発想で、誰もが避けたがる待遇や条件を受け入れるスタンスで転職サイトに登録するのも、なかなか再就職が決まらない中高年の方にお勧めです。
更なる中高年の再就職対策として未登録の転職サイトに登録
自己PRを更新をした私は更なる対策として、より多くの転職のプロに自分を知って貰う為、未登録の転職サイトを探し登録をし、また条件も変更しました。その結果、新しく登録した転職エージェントからオファーを受け再就職に成功しました。
不可抗力で失業し再就職が出来ない中高年は視野を広げる努力を
不可抗力で失業状態となり、なかなかと再就職が出来ない中高年は、再就職先候補に対する視野を広げるべきです。転職サイトに登録すると配信される求人オファーには、再就職先の視野を広げてくれるヒントが含まれている場合があります。
自己を過小評価せず同時に中高年のプライドを捨て客観的分析を
リストラなどで会社から解雇された中高年の方で、1日でも早く再就職をしたい、しかしなかなかと再就職が決まらない方に多い問題点、注意をすべき事として、私が転職エージェントの方から教えられたアドバイスをお伝えします。
求人に応募したら電話をし中高年求職者の積極性をアピールする
転職サイトやハローワークの求人に応募したら、企業に直接電話をかけ中高年求職者の積極性をアピールしましょう。また採用の合否通知が来ない際も電話で確認をするべきです。再就職が決まらないと嘆くのみでなく積極的な行動をしましょう。
再就職希望の会社を求職者が指定しエージェントに調査を依頼
再就職活動では求職者が求人を探し応募する、またはオファーされた求人に応募するのが通常ですが、全く逆の方法として、求職者側から再就職先候補の会社を指定し、その会社の求人情報収集をエージェントに依頼するという手もあります。
再就職が出来ず無職・離職期間が長い中高年の応募の注意点
中高年の場合でリストラ等で無職となり再就職を目指すも叶わず離職期間が長引いている方もいます。無職の期間が長引いている中高年は、面接で離職期間を挽回する具体的な手段を伝え、即戦力として活躍する意志を強くアピールするべきです。
派遣社員・アルバイトで収入を得て再就職成功を目指す
失業状態で再就職が決まらず、どうしても収入を得る必要がある場合は派遣社員やアルバイトで就労し、お金を稼ぎながら転職、再就職を目指すこともお勧めです。私の後輩の派遣社員経験者のお勧め派遣会社、アルバイトサイトをご紹介します。
失業状態から脱却し正社員雇用を前提とする紹介予定派遣
中高年で転職・再就職が決まらないと金銭面でも精神面で非常に大きな負担となります。無収入の失業状態から抜け出し、同時に将来は正社員として雇用されるチャンスもある紹介予定派遣という派遣システムも選択肢に加えてみましょう。
紹介予定派遣に関するよくある質問と登録について
失業状態から抜け出したい中高年の求職者に、選択肢の1つとしてお勧めする正社員雇用を前提とする紹介予定派遣に関して、就労期間、給料、社会保険の加入など、よくある質問と回答、また登録に関しての情報をご紹介します。
中高年の紹介予定派遣の注意点と求人取扱い派遣業者紹介
検討対象の選択肢の1つとして中高年にお勧めする紹介予定派遣ですが、紹介予定派遣という雇用形態で就労するのであれば、正社員になるという事を強く意識して働くべきです。最初から正社員のように対応し、正社員雇用を目指しましょう。

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
転職・再就職支援サービス一覧 転職・再就職の成功に不可欠な支援 今すぐ転職・再就職したい中高年へ

転職ネット powered by TrendLead