中高年の紹介予定派遣の注意点と求人取扱い派遣業者紹介

派遣という立場であっても正社員として雇用されることを意識し就労

中高年で紹介予定派遣で働く場合に注意すべき事、心掛けるべき事、それは「あくまでも正社員での雇用を目指す」という事であると、経験者である私の後輩は語ります。

 

私の後輩の派遣社員経験については、「派遣社員から正社員に転職する」内の記事を参考にして下さい。

 

 

派遣社員と中高年の紹介予定派遣の違い

一般的に派遣社員としての働き方、就労形態のメリットとして、

  • 自分の好きな時間や職場の地域を選べる
  • 自分のペースで仕事が出来る
  • 自分の豊富な経験や専門知識を活かした仕事が選べる

ことが挙げられますが、特に中高年で紹介予定派遣として就労するのであれば、正社員になるという事を強く意識して働くべきと考えます。

 

中高年の紹介予定派遣の心得

中高年の紹介予定
派遣の心得

普通の若年層や主婦の派遣社員とは違い、最初から正社員のように対応することを心掛けることが大切です。

 

重要な任務を任せられたり、残業に対応することも必要となるでしょう。

 

しかし、それこそが紹介予定派遣ならではの就労であり、また中高年であれば、最終的に正社員という立場で再就職をしたいのであれば、それに対応するのは当然のことです。

 

決して、派遣だからなどと軽い気持ち、心構えで臨まないようにしましょう。

 

紹介予定派遣の取扱い派遣業者

こちらの「中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」でご紹介している業者でも、一部紹介予定派遣の取扱い派遣業者が含まれますので、転職・再就職活動で登録される際、もし紹介予定派遣も選択肢に入れるのであれば、「派遣登録」も同時にされることをお勧めします。

 

また求人と同様、やはり中高年となると、紹介予定派遣でも募集そのものも若年層よりは多くないということもありますので、出来れば複数の派遣業者に登録することをお勧めします。

 

紹介予定派遣の取扱い派遣業者については、以下のページでご紹介しています。

 

派遣会社の活用

中高年が紹介予定派遣して働く場合、今までの経験・知識が活かせる会社、職場に関して派遣会社の担当者と事前に確認することが重要となります。

 

上記の派遣会社に登録をしたら、担当者と就労に関して、相互に納得するまで良く相談、打ち合わせ、確認を行うようにして下さい。

 

また以下の記事も参考にして下さい。

 

派遣社員のデメリットである立場の弱さをメリットに変える発想

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク