中高年向き求人で応募後の書類審査合格率を上げる

求人情報に合わせ職務経歴書をカスタマイズする

私が登録している転職支援サービスサイトから送信された、求人応募時に提出する書類の作成上の注意点、アドバイスをご紹介します。

 

 

求人応募の書類審査合格率を上げる

書類審査の合格率を上げるコツ

書類審査の合格率を上げるコツ

中高年の求人応募で最初に採用のハードルとなるのは、応募書類の審査です。

 

書類審査で合格とならなくては次のステップに行く事は出来ません。

 

転職支援サイトからのアドバイスでは、以下のようになっています。

  • 誰にでも好まれる一般的な服装や髪型で特に特徴の無い人
  • あなた好みの服装や髪型の人で感性が合うと思われる人

 

貴方がもし、このどちらかの人と会わなければならない場合、どちらのタイプを優先する、興味を持つでしょうか?

もちろん無難なタイプを選ぶ人もみえるでしょう。

 

しかし当サイトでもお伝えしていますように中高年の求人は、それまでのキャリアを活かした求人が大多数で、そこには無難なカラーを求めるよりも専門性を求める場合が多くなっています。

 

つまり、転職支援のプロのアドバイスは、求人内容に合わせて職務経歴書を作り込んでいくべきである、というものです。

 

求人情報に合わせ職務経歴書をカスタマイズする

中高年むき求人の内容を隅から隅まで詳細にチェックしましょう。そして、

  • 仕事内容や応募資格から、そのポジションを得るために必要な条件をリストアップ
  • それらにフィットする経験や実績を書き出す
  • 事業規模まで言及がありますから、経験があるものはすべて含める
  • もし経験がない場合、最も近い経験やスキルをリストアップして書くこと

また転職支援サイトに職務経歴書を登録する際は、ターゲットとなる求人情報を研究しチューニングするべきとしています。

 

私が「先ず転職支援サイトの担当者に中高年の自分を理解して貰う」の記事でもお伝えしていますように、アップデートなキーワードを意識する事などにより、採用担当者やヘッドハンターの検索にヒットさせる可能性が高くなるという理由です。

 

このチューニングは手間がかかるため、大多数の求職者が手を抜きがちとされます。

 

だからこそ、このポイントを再度見直し職務経歴書をブラッシュアップして、他の求職者から一歩先んじて有利な転職・再就職活動に結び付けるべきとしています。

 

職務経歴書の注意点として、以下の記事にも目を通しておいて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク