中高年求職者の履歴書と職務経歴書の書き方のポイント

ポイントはキーワード・数字・客観的な視点・イメージできる事

中高年の転職・再就職活動での履歴書と職務経歴書の重要性は、どなたも理解してみえる筈です。

 

しかし現実的には、

  • どこから手をつければ良いのか分からない
  • 内容を推敲する時間がない

と、作り込む時間を取れないまま、また未完成に近い状態で面接に臨んでしまうケースもあるようです。

 

履歴書と職務経歴書の作成ポイント

履歴書と職務経歴書の
作成ポイント

中高年求職者の職務経歴書を数多く添削する転職支援サービスサイトから私が受領した、中高年の履歴書と職務経歴書作成で注意すべきポイントをご紹介します。

 

 

履歴書の書き方ポイント

履歴書を書く際のポイントは以下の4つです。

 

  • 略さず正式名称を書く
  • 学歴と職歴は時系列で簡潔に書く
  • 年表記などの形式を統一させる
  • 明確な応募理由

基本情報として客観的な事実を記載しましょう。

 

職務経歴書の書き方ポイント

職務経歴書は自身の経験や能力を伝えるためのプレゼン資料です。

 

採用側にとっては「会社が望む知識や経験を持つ人材かどうか」を判断するためのツールとなります。

 

職務経歴書には

  • どのような業界にいたのか
  • どのような業務を経験したのか
  • どのような役割と責任を担ったのか
  • どのような成果を出したのか

を盛り込む必要があり、具体的なポイントは以下の5つです。

 

  • 相手が求めているキーワードが入っている
  • 経験に対する成果を具体的な数字で記載する(売上、人数、規模など)
  • 客観的な視点で事実を伝える
  • 見やすいレイアウトになっている
  • どのような成果を出せる人材なのかをイメージできる

 

経験と希望するポジションや業種・業界により、選定するキーワードや書き方は異なってきます。

 

更には時代のトレンドに依って、そのキーワード自体も変わります。

 

転職支援サイトでは、注目される職務経歴書の書き方も具体例を挙げて紹介していますので、是非とも最新の奨励を参考にしましょう。

 

職務経歴書をブラッシュアップし、転職・再就職により多くの可能性と選択肢を持つように努めましょう。

 

また以下の関連記事も是非とも参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク