転職先では10を言われたら20をする / 30代の転職経験から

30代の転職は自分の可能性に対する賭け

30代という中高年でも入口の若さであれば、会社が求める成績が出せるか、貢献が出来るか、また新しい会社、職場で謙虚な姿勢で人間関係が上手く構築出来るだろうかという不安を抱くのも当然でしょう。

 

即戦力として活躍出来るか、新参者として社内の人間と上手く仕事が出来るだろうか…

 

30代での、その不安は当然ですし、その不安を上回るだけの、自分に対する自身、自己への信頼が持てないならば転職は断念するべきでしょう。

 

 

10の命令を20の成果で返す若さで挑む

30代の人材の可能性

30代の人材の可能性

ただ止むを得ない事情で転職・再就職をしなくてはならない場合、30代という若さから来る転職の不安は、誠心誠意での対応、それが実行出来る若さでカバーするしか手段は無いと私は考えます。

 

30代の転職は一種の賭けであると私は思っています。

 

それは自分の可能性への賭けです。

 

また、その賭けは運に頼る賭けでは無く、努力という行為で勝敗を決する事の出来る賭けです。

 

10の仕事を任されて10を行なうのは当たり前で評価などされません。

 

10を期待されたら20をする

 

10で満足する事無く、20まで行う、これが可能な年代が30代です。

 

こちらの「将来転職を考える中高年は職務経歴書に追加するスキルを就労中に得る」でお伝えしたように、その20という成果は、自分のキャリアとなり、職務経歴書に書ける実績ともなります。

 

転職したからこそ得られるモノ

私の場合、転職先社内の人間関係も、転職当初に感じた不安も一掃されて、社内でも良好な人間関係を構築する事が出来ました。

 

40代、50代で転職した際も同じですが、顧客、そして当時の社内の人達とは、その後も仲間としてお付き合い頂いています。

 

30歳前半で身に付けた英語、英会話という武器は、社会人人生を通して有効な武器であり続けましたが、これも私が転職を考えたから手に出来た賜物です。

 

30代は、失敗も糧にして成長すればプラス評価される年代です。

 

転職で成功するかどうかは

  • 転職に際して何を心掛けるのか
  • 転職して何を成し遂げるか

によって決まると言っても過言ではないでしょう。

 

自分で自分に限界を設けない

やはり英語の話となりますが、自分自身の人材価値を上げようと学習をスタートし、身に着けた英語ですが、私自身、まさか英語で会議をしたり、英文の議事録を作成したり、ましてや海外で外国人数十人を相手にプレゼンテーションをしたりするなど、当初は考えてもいませんでした。

 

英語学習を始めた頃は漠然と「英語が話せたら便利だろうな」、としか考えていなかったのです。

 

しかし請われるまま会議で通訳をしたり、会議を取り仕切ったりする中で、ならば英文レターも作成出来る、英語でプレゼンテーションも出来るなど、どんどんと仕事の幅が限界無く広がりました。

 

それらの経験は全て私の社会人としてのキャリアとスキルとなっているのです。

 

30代という若さであれば、何も自分で限界を設ける必要などありません。

 

全ての事に対して常にチャレンジャーであるべきで、そのスタンスが転職を成功に導きます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク