転職時の社内外に対するそれぞれの不安 / 30代の転職経験から

転職時の社内外の不安に対しては何の苦労もトラブルも無かった

英語、英会話を習得する事で30歳前半の転職の不安を取り除いた私ですが、私の後輩も同様に資格を取得する事で有利な転職に成功しています。

 

彼の転職を有利にするための30代での資格取得については、こちらの「年に数回開催され難易度で別れている資格を取得し転職を有利に」も参考にして下さい。

 

英語を猛勉強した私ですが、それでも転職の際、まだ不安はありました。

 

その不安は外的な不安、つまり会社の外側に対する不安と内的な不安、つまり会社内部に対する両方でした。

 

私の30代の転職では、外的な不安と内的な不安では、内的な不安の比重の方が高かったです。

 

 

即戦力としてすぐに会社貢献が出来るか

30代での転職の不安

30代での転職の不安

私の場合は営業職でしたので、外的な不安として、営業成績が上げられるか、仕事を取れるかという不安はありました。

 

しかし率直に申し上げて、それはあまり大して大きなものではなく、ある程度の自信を持っていました。

 

転職先が持つ以前からの顧客でも、また新規開拓する顧客に対しても、20代で得た営業ノウハウ、何より誠心誠意で事に対応する営業方針を貫けば良好な人間関係が築ける、そして営業成績も上がると考えていました。

 

事実、転職先で営業成績、また会社への貢献という面でマイナスな事は何も無く、それなりの実績を上げ、またその評価に伴い、難易度の高い業務などを任されました。

 

但し、それは結果論です。

 

社内の人間と上手く仕事が出来るか

私の30代での転職では、内的な不安、つまり会社内に対する不安の方が大きいものでした。

 

しかしこれも全く問題無く、所属した部署でも社内の他の部署とも非常に良好な人間関係が出来ました。

 

ですが、これも結果論であり、30代での転職では、これらの社外、社内への不安を抱くのは当然です。

 

それを打破するのは、やはり若さと謙虚さであったと私は考えています。

 

謙虚という美徳を30代で身に付ける

30代の人が自分自身の事を若いと受け止めているかどうか、それは人それぞれでしょうが、60歳から65歳を定年退職年齢とする会社全体から見れば、やはり「若手」です。

 

失敗をしても成長の糧になると受け止めてもらえる、フレキシブルであると思われるのも、若手と見做されているからこそです。

 

そして30代という若手に対して会社全体は、こちらの「30代の転職 #1 即戦力と将来会社を背負う為の更なる成長」でお伝えしたように謙虚である事も求められます

 

転職先の会社に入社後、新しい職場、環境で上手くやっていけるかどうかは、この謙虚さにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

 

また、この謙虚さは、40代でも50代の中高年でもプラスに評価される美徳です。

 

30代で謙虚である社会人は、非常に爽やかな人材であると私は感じます。

 

実績や能力を高く評価された、転職を請われてのヘッドハンティングであっても、決して奢る事なく、鼻にかける事もなく、30代という若手のメリットである謙虚さを持ちつつ、新しい仕事に取り組むようにして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク