社会的な価値を上げる自己研鑽に努める / 30代の転職経験から

30代の最初の転職の際に身に付けた英語は私の有効な武器に

私自身は「3社目 30代 ヘッドハンティング」と「4社目① 30代 ライバル会社へ転職」の転職経験でお伝えしているように30代で2回、転職を経験しています。

 

30代での1度目の転職時も2度目の時も、転職に際し自己研鑽に努めました。

 

私の場合、それは英語を身に付ける事でした。

 

 

英語で自分の価値を上げる

自己研鑽に努めた30代

自己研鑽に努めた30代

30代の転職ですと、それ以降の40、50代の中高年と違い、それほど客観的に高く評価される職務経歴を持っているわけではありません。

 

私の場合ですと、特に30代での1回目の転職時は、まだ30歳の前半であり、とてもキャリアと呼べるようなモノは持っていませんでした。

 

新しく入る転職先にも当然ベテランで生え抜きの人達が何人も居て、その中に飛び込んで、すぐに即戦力として働くわけです。

 

同じ業界内での転職ですから、付き合う顧客も日々の業務も、今までの延長線にあるので、そこに業務自体の困難さはありません。

 

しかし、社内での仕事の進め方、段取りなどは前から会社に居る人達には当面は敵いません。

 

そこで考えたのは、自分自身の人材価値アップです。

 

英語を武器にする

以前から興味を持ち好きであった英語、これを自分の武器、ツールにしよう、そして社会人としての自分の人材価値アップを図ろう、そう30代の私は考え、そして英語、英会話を猛勉強しました。

 

英語学習は30代の1回目の転職先でも継続し、さらに海外の仕事に携わる事でもスキルアップをしましたが、いずれにしてもこの自分に対して自信を付ける事は30代の転職では非常に大きな効果、それは自分自身に対する効果と対外的な効果の2つで価値のあるものでした。

 

英語が出来る、外国人と堂々と英語で渡り合える、この私への評価は、その後の40、50代での中高年真っ只中の転職・再就職でも大いに活かす事が出来るものとなりました。

 

30代で転職を望む方で

  • 今までの社会人としての実績に自信が無い
  • または客観的に評価を受けるモノが無い

という方は、自分の価値を高める武器を身に付ける事を検討し、その取得を目指す努力をお勧めします。
英語を学習する事に関しては、以下の記事を参考にして下さい。

また英語を身に付ける事で、外資系企業への転職・再就職、更にはヘッドハンティングなど、選択肢が飛躍的に増えます。

 

以下のカテゴリー記事も参考にして下さい。

 

今後20年以上も有益に使える英語

もし貴方が30代最後の39歳であっても、最低で21年間、もし30歳で65歳まで働くならば35年間、英語が社会で有益に使えるわけです。

 

21年間から35年間という長いスパンで大いに役に立つ英語や英会話、その学習や習得に1年間使ったとしても、受け取れるメリットは計り知れません。

 

もちろん40代でも50代の中高年でも、どんな年齢でも英語学習、英語習得は可能ですが、しかし早いに越したこともありません。

 

当サイト管理人の10回の転職・再就職経験で、英語を活かすチャンスがなかった事は1度もありません。

 

全ての経験に於いて、英語が出来る人材という肩書は有利に働いていますし、また入社後の実務でも有益なツールであり続けています。

 

若干大袈裟ではありますが、英語が身に付けば人生が変わります。お勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク