30代の転職 #2 フレキシビリティーと独自の若く新しい観点

企業カラーを守る事も変える事も出来る30代の転職の醍醐味

30代という、まだまだ中高年世代では前半の若い年齢層の転職には、前ページでお伝えした即戦力と成長以外にも会社から期待される要素があります。

 

フレキシビリティー

フレキシブルな30代

フレキシブルな30代

30代と、その後の40、50代との決定的な違いは、転職・再就職先の企業カラーを守る事も変える事も出来るという点です。

 

老舗と言われる歴史のある会社で、そのカラーを守りたいと経営者が考えるならば、30代であれば素直に対応することも出来ます。

 

前職の企業のカラーに、それほど深く染まってはいない30代、新しい環境で違った企業カラーの中に飛び込んでも本人も周囲も違和感をさほど覚えません。

 

その会社が、老舗をセールスポイントにしているならば、そしてそれを今後も継承するのが会社の方針ならば、その企業カラーに染まるにも多くの時間を必要としないのが30代の強みでしょう。

 

新しい観点

また逆に、旧態依然とした会社の風土に、新しい風を入れて欲しい、新しい血を入れて欲しいというリクエストがあれば、それにも30代という若さなら応える事も出来ます。

 

良い意味で、まだまだ社会人として凝り固まっていない30代、その柔軟性を活かし、例えば以前の職場の良い点、評価できる点を新しい職場に持ち込み導入する、また前の職場の良くない点などを反面教師として新しい職場で展開する事も可能です。

 

特に会社の業績の伸びしろが鈍化している企業では、こういう新しい観点から業務改善をする人材を求めるケースが少なくありません。

 

行動力、成長性、フレキシビリティー、新しく若い観点が30代に求められる要素であり、言葉を換えれば、それらが30代の転職の醍醐味であるとも言えるでしょう。

 

求人に応募する時、会社の求めるものを注意深く読み取り、何を求めているか正確に把握する、もしくは支援をしてくれるプロに転職先の会社としての方向性を聞き、これらの30代の強みを意識して自己PRし正式採用を勝ち取って下さい。

 

情報収集し提案を転職活動でアピール

会社に新風を吹き込んで欲しい、それが求人要綱で求められているならば、事前に自分で提案を考えて求人応募書類に、また面接で会社に伝える事で採用の可能性は非常に高くなります。

 

たとえ全面解決の提案ではなくとも、具体的な提案をする事で入社し改善の努力をするという30代らしいポジティブな姿勢を現す事が出来ます。

 

適切な提案をするため、以下の行動をとる事をお勧めします。

 

転職エージェントに会社内部情報を提供してもらう

30代の若い外部からの人材に「新風を吹き込んで欲しい」と、求人を出している会社が願うならば、その会社は「ある問題」を抱えている事となります。

 

その問題や課題は現状の従業員では解決出来ないものでしょうが、どういった問題なのか、どんな解決を望んでいるのか、それらが事前に分かれば適切な改善提案が出来ます。

 

その改善提案を求人応募の際に提出すれば、面接に呼ばれる可能性は飛躍的に高くなります。

 

改善策が提示できない他の求人応募者に対して、比較にならないくらい有利な立場となり大きなアドバンテージとなります。

 

転職エージェントやヘッドハンターに依頼して、会社内部の情報を出来る限り多く提供してもらいましょう。

 

業界全体を再勉強する

30代であれば自分が属している業界でも、まだ正確に把握していない知識、経験していない内容も残っている筈です。

 

その知識、経験不足で採用にいたらない場合も有り得ます。

 

仕事上で交流のある人、業界の先輩、そしてインターネットで最新の業界情報を可能な限り入手し分析をしましょう。

 

それらの情報や知識は、面接での質疑応答でも必ず役に立つものですし、逆に網羅的で最新の業界情報を持たずに面接に臨むのは絶対に避けるべきです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク