30代の転職 #1 即戦力と将来会社を背負う為の更なる成長

20代を卒業している戦士で30代という若さに期待される成長

30歳を過ぎた30代といえば、いわゆる10年選手、既にある程度の経験を持ち、会社の中で実績もあげている事でしょう。

 

中高年というカテゴリーに入れてしまうのは、失礼とも思える若さです。

 

では、30代の転職に求められるものは…

 

 

20代を卒業している戦士

20代卒業戦士

20代卒業戦士

私の経験から言えば、即戦力である事が最優先に会社側から求められます。

 

これは40代でも50代の中高年でも同じですが、すでにベテランの域に入っている30代では、特にフットワークの良さが求められます。

 

転職後、数日間、もしくは数週間の実務研修や経験を経たら、すぐにでも最前線での戦力として力を発揮する事が要求されます。

 

中高年に限らず、即戦力という要素は常に転職や再就職に求められる要素と考えておきましょう。

 

30代という若さに期待される事

30代に期待されるのは、成長です。

 

仕事の失敗は、どんな年代でもどんな肩書となろうとも、無い方が良い、少ないに越したことはありません。

 

しかし30代という若さは、失敗から学んだ成長が期待されています。

 

まだまだこれから会社の中で頑張って欲しいと期待されている中高年の入口の30代、前職で学んだ事に加えて、転職先でも学習と経験を続け、そして会社の中で、またビジネスフィールドで成長し、年功と共に会社の経営にも参加するような人材に育って欲しい、そういう片鱗を見せて欲しい、それを企業側は望んでいます。

 

30代という若さだから出来ること、許されるチャレンジというものが必ずあります。

 

営業であれば新規顧客の開拓であり、技術畑であれば新開発、製造であればコスト削減や品質向上などなど、常にチャレンジし成長する若さが期待されています。

 

そういうアグレッシブな面を、求人応募書類、そして面接の場で強調すると必ずプラス評価となります。

 

決してNoではなくYesと反応しスタートする

30代という若さには年齢のアドバンテージがありますが、しかし若いゆえに注意をして欲しい事は、何事に対してもYesと反応し、Yesからスタートするという姿勢です。

 

20代では抵抗なく受け入れていた事、素直に従っていた業務命令や指示に対して、幾分か社会でキャリアを積んだ30代となると、少し斜に構えて理屈をこねたり、先ずNoから入る人がでてきます。

 

覚えておいて頂きたいのは、実社会は理屈だけでは動いてはいないという現実です。

 

理屈の通らない事など棄てる程あります、いや、理屈が通らない事の方が多いかも知れません。

 

アタマが良いのと賢いのとは違う

40代、50代の中高年から見れば、30代はまだまだヒヨッコです。

 

年嵩の人からの質問、指示、命令に、いちいち理屈を盾にする姿勢の30代は、好ましい社会人と映りません。

 

それは面接での質疑応答でも同じですので、充分に注意をする必要があります。

 

こういった謂わば斜に構える姿勢は、普段から余程心掛けておかないと、イザという場面で出現してしまうもので、私の部下にも数人、こういったタイプの30代の男性が居ました。

 

せっかく転職で有利に活かせる30代という若さを、マイナスに活用する事のないよう注意して頂きたいと考えます。

 

勉強が出来てアタマが良い人と、誰からも高く評価される賢い社会人とは違う、という事を覚えておいて下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク