30代の転職・再就職に求めるもの

30代で転職を検討し自分の人材価値を上げる努力を開始する

30代の転職・再就職に求めるもの

30代が中高年と言えるかどうかは別として、すでにベテランと領域に入っている年齢層ですので、転職や再就職を考える場合には40代や50代の人と同じ意識を持つ活動をするべきです。同時に30代ならではの今後の伸びしろも自己アピールで強調をしましょう。

 

また終身雇用という考えがなくなり、逆にリストラが珍しくない近年の日本の社会において、今すぐに転職する必要がないという場合でも30代の頃から自身を守るためにイザという事態に備えておく、会社に勤務をしながらも転職を検討しケーススタディーをしておく、自分の人材価値を上げる努力をすることは決して無駄にはなりません。

 

自身の社会人としての客観的な価値を把握し、さらにブラッシュアップするためにも転職について考えてみることをお勧めします。

30代の転職・再就職に求めるもの 記事一覧

即戦力と成長
30代の転職 #1 即戦力と将来会社を背負う為の更なる成長

30歳を過ぎた30代といえば、いわゆる10年選手、既にある程度の経験を持ち、会社の中で実績もあげている事でしょう。中高年というカテゴリーに入れてしまうのは、失礼とも思える若さです。では、30代の転職に求められるものは…20代を卒業している戦士20代卒業戦士私の経験から言えば、即戦力である事が最優先に会社側から求められます。これは40代でも50代の中高年でも同じですが、すでにベテランの域に入っている...

続きを読む
フレキシビリティーと新しい観点
30代の転職 #2 フレキシビリティーと独自の若く新しい観点

30代という、まだまだ中高年世代では前半の若い年齢層の転職には、前ページでお伝えした即戦力と成長以外にも会社から期待される要素があります。フレキシビリティーフレキシブルな30代30代と、その後の40、50代との決定的な違いは、転職・再就職先の企業カラーを守る事も変える事も出来るという点です。老舗と言われる歴史のある会社で、そのカラーを守りたいと経営者が考えるならば、30代であれば素直に対応すること...

続きを読む
社会的価値を上げる自己研鑽
社会的な価値を上げる自己研鑽に努める / 30代の転職経験から

私自身は「3社目 30代 ヘッドハンティング」と「4社目① 30代 ライバル会社へ転職」の転職経験でお伝えしているように30代で2回、転職を経験しています。30代での1度目の転職時も2度目の時も、転職に際し自己研鑽に努めました。私の場合、それは英語を身に付ける事でした。英語で自分の価値を上げる自己研鑽に努めた30代30代の転職ですと、それ以降の40、50代の中高年と違い、それほど客観的に高く評価さ...

続きを読む
社内外に対する不安
転職時の社内外に対するそれぞれの不安 / 30代の転職経験から

英語、英会話を習得する事で30歳前半の転職の不安を取り除いた私ですが、私の後輩も同様に資格を取得する事で有利な転職に成功しています。彼の転職を有利にするための30代での資格取得については、こちらの「年に数回開催され難易度で別れている資格を取得し転職を有利に」も参考にして下さい。英語を猛勉強した私ですが、それでも転職の際、まだ不安はありました。その不安は外的な不安、つまり会社の外側に対する不安と内的...

続きを読む
10を言われたら20を
転職先では10を言われたら20をする / 30代の転職経験から

30代という中高年でも入口の若さであれば、会社が求める成績が出せるか、貢献が出来るか、また新しい会社、職場で謙虚な姿勢で人間関係が上手く構築出来るだろうかという不安を抱くのも当然でしょう。即戦力として活躍出来るか、新参者として社内の人間と上手く仕事が出来るだろうか…30代での、その不安は当然ですし、その不安を上回るだけの、自分に対する自身、自己への信頼が持てないならば転職は断念するべきでしょう。1...

続きを読む
異業種も選択肢に
類似の異業種への転職も選択肢に加える / 30代の転職経験から

30代という若い年齢層の世代での転職での注意点として、今まで自分が働いてきた業種、業界内での転職に拘り続ける必要が無い事を指摘しておきます。40歳からでも可能ではありますが、30代であれば未経験の業種でも十分に活躍が出来ます。私の類似異業種への転職経験30代なら類似の異業種も私自身、20代での初めての転職は完全に同業種内での転職でしたが、30代前半の3社目は異業種への転職でした。但し完全な異業種で...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク