ハローワークと転職支援サイトが取り扱う求人の違い

企業は会社発展にプラスになる人材のスカウトを転職支援サイトに依頼

こちらの「転職サイトの無料支援は会社にとって1件数百万円のビジネス」でお伝えしているように、転職支援サイトやエージェント会社は、転職・再就職をする人には全て無料で利用が出来ても、人材を採用する会社にとっては決して安いビジネス・サービスとは言えません。

 

場合によっては、特に年俸が高額な中高年の転職や再就職の場合では、募集し採用した会社は転職支援サービス会社に対して、数百万円もの成功報酬を支払うこととなります。

 

望む、必要とされる、会社の発展にプラスとなる人材は、高いお金を払ってでも欲しいという訳です。

 

 

会社発展にプラスになる人材を高額で

必要な人材を高額で

必要な人材を高額で

人材を欲する会社が費用をかけて求人をするという事が、先ずハローワークが扱う求人案件との大きな違いでしょう。

 

ハローワークならば、求人を出す会社には何ら費用が発生しません。

 

求人の案内を出すのも、また採用し就職が決定しても全て無料で、人材を確保した会社には全く金銭の負担はありません。

 

つまり会社は、タダで適切な人材を求めるというスタンスで求人が出来るわけです。

 

この事実はハローワークが扱う求人が、現実としてメリットとデメリットの両方になっています。

 

民間のパワー

全ての求人案件に対して言えることではありませんし、また絶対という事実でもありませんが、しかし当サイトの管理人の経験では、やはり民間の転職支援サービスが扱う求人の方が、条件も待遇も良いという傾向があります。

 

また繰り返しますが、優秀な転職のプロのキャリアコンサルタントやヘッドハンターの転職・再就職への行動力、アドバイスはハローワークの職員には対応が出来ない内容となっています。

 

「この会社の社長は、こういうキャラクターの人材を求めてます、こういう性格の人が好みです。」というようなアドバイスは、決してハローワークの職員には出来ません。

 

そもそもハローワークの職員は、求人を出している会社の内容を詳しく把握はしていません。

 

全く把握していない、と言っても過言ではなく、就職希望者が求人票を職員に見せるまで、職員はその会社も求人内容も知らなかったという事はザラにある事です。

 

ハローワークの説明会に出た経験のある方はご存じでしょうが、ハローワークの職員も民間の転職支援サイト、エージェント会社を積極的に利用、活用することを強く勧めています。

 

前記のように、対価の必要、不必要を考えれば当たり前の事と言えるかも知れません。

 

仕事の最終的な目的の違い

民間の転職・再就職支援サービスもハローワークも、就職を希望する人に職に就いてもらう事を目標にしているという点では同じです。

 

しかしハローワークは、どんな会社で、どんな仕事でも、とにかく無職という状態から就業という状態となる事を最終目的としているのに対して、民間の転職・再就職支援サービスは、より良い条件と待遇への転職、より人材にマッチした再就職を最終目標としています。

 

この違いを認識すれば、どちらのサービスも大いに活用すべきである事がご理解頂けると思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク