50代の転職 #3 年嵩が有利となるライバル会社への再就職

50代という年齢が強みとなるライバル会社への転職と再就職

特定分野でのコアスキルやキャリアが高く評価されてのスカウトやヘッドハンティングでの転職などを除いて、中高年でも社会人として年齢的に最期のステージとなる50代の再就職は、30代や40代よりも厳しくなるのが現実です。

 

しかし30代や40代の若い年齢層よりも50代の方が有利となるのが、ライバル会社への再就職です。

 

何故ならば、社会人年数の長さに比例し、その業界でのキャリアを多く積み、様々な知識をスキルを身に付けている人材と判断され、それらの人材要素がライバル会社の欲する要素だからです。

 

 

50代で経験を積んでいる事が有利となる

50代が有利なライバル会社への転職

50代が有利な
ライバル会社への転職

こちらの「キャリアのある中高年ほど早く採用されるライバル会社への転職」でお伝えしたように、50代までに仕事を通じて得た経験や知識が、より豊富である筈の50代はライバル会社にとって非常に有益な人材です。

 

30代や40代よりも経験を積んでいる、知識と情報が豊富であることが50代の中高年の強みとして活かせるのがライバル会社への再就職です。

 

50代にふさわしいキャリアが評価されて、年俸アップでのライバル会社への転職や再就職も少なくありません。

 

それだけライバル会社同士、互いの内部情報や会社動向情報を欲しているのです。

 

私自身、転職先の会社には有益な情報を提供しました。

 

実際、中高年を対象とした求人、またハイクラス求人では、「当業界でのキャリアが〇年以上」という条件を提示している求人が多くなっています。

 

中でも、互いがライバルとして認識している会社であれば、50代という中高年の人材ニーズは非常に高いと言えるでしょう。

 

ライバル会社が顧客や販売ルートを増やすチャンスにも

ライバル会社同士、それぞれの顧客が同一である場合もあれば、それぞれ販売ルートやコネクションを持っていない、開拓していないユーザーもあります。

 

ルートは開拓されていてもパイプが太くない、関係が強化されていないという顧客もあります。

 

50代の中高年であれば、社内の内外に年齢相応の人脈を持っている筈で、顧客に対しても人脈を確保している筈です。

 

転職・再就職先では、その顧客人脈も活かせる事が出来ます。

 

新規の顧客紹介も、私が実際にライバル会社への転職で行った事で、会社に貢献したと自負しています。

 

転職支援サービスに登録する際、具体的に「ライバル会社は○○株式会社」と複数の会社名を明記しておけば、求人オファーやスカウトが受けやすくなります。また自身でもライバルとなる会社のホームページで人材を募集していないか調べてみる事をお勧めします。

 

前職のライバル会社の主観的な批判はしない

転職・再就職先、また顧客に対して、前職のライバル会社の主観的な批判を口にしない事が大切です。

 

特にリストラなどで一方的に解雇された場合など、勤務していたライバル会社に対して私的に怨恨を感じるのは致し方ない事ですが、私的な会社批判は、貴方自身の評価も下げてしまう場合があります。

 

誰が判断しても同じ評価となる客観的な見解であれば構いませんが、しかしいずれの場合も、転職・再就職先で前職のライバル会社の悪口を言わない、特に顧客に対しては決して前の会社の悪口を言わないように注意をするべきです。

 

新しい職場では、ライバル会社の優っている内容、見習い取り入れるべき要素を改善すべきポイントとして提案をするようにしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク