人事を尽くし再就職のチャンスを呼び込む / 50代の転職経験から

30・40代用も含め全ての対策を講じて再就職を目指す

50代では、会社都合やリストラで止むを得ず退職となり、緊急に再就職をする必要があるケースも少なくありません。

 

また50歳過ぎという年齢のハンディーキャップで、マッチする求人が少なく再就職がままならないのも現実でしょう。

 

私にも、50代でリストラされ必死に再就職活動をし、社会復帰した知人が何人もいます。

 

 

当サイトでの対策を全て行う

人事を尽くすべき50代

人事を尽くすべき50代

繰り返しとなりますが、50代こそ、当サイトでお勧めする方法を全て取り入れましょう。

 

私が、自分自身で行った再就職対策をまとめたのが、このサイトです。

 

50代という中高年となり、転職・再就職が決まらない人に向けてアドバイスとなるようにと作成したサイトです。

 

もちろん私の経験、施した対策以外でも有効な手段は色々と有るでしょう。

 

私が受けた再就職支援のプロからの指導やアドバイス以外にも、取り入れるべき方法も有るでしょう。

 

しかし最低限、このサイトでご紹介している対策、ノウハウを実行して頂く事を先ずお勧めします。

 

私も知り合いや後輩から、転職や再就職の相談をよく受けますが

  • すべき事を知らない人
  • 知っていても実行していない人

が意外と多いのに驚かされます。

 

中には「転職エージェントの1社に登録したが、“残念ながら現在、ご紹介出来る求人がありません。”という返事が来たので、他の支援サービスに登録しても無駄だと思い登録を止めた」という人が居ましたが、自分で可能性を棄てていると言わざるを得ません。

 

その時点で、その支援サービスに、適切な求人が無かっただけ、かも知れません。

 

正に「木を見て森を見ず」 であり、他の支援サービスでは全く違う状況、また支援方針かも知れません。

 

たとえ、適切な求人紹介を受けても、複数の支援サービスをフルに活用するべきです。

 

以下のカテゴリー内の記事を是非とも参考にして下さい。

 

実行しなければ知らないのと同じ

知っていても実行しないのは、何も知らない事と同じです。

 

外的には

  • 人脈をチェックし人に相談し
  • 転職支援サイトやハローワークに登録し求人検索を行い
  • 新着求人情報をチェックし
  • 1つでも多くの求人に応募する。

 

内的には

  • 職務経歴書を推敲する
  • 自分がキャリアを持つ業界に類似した業界求人への応募の可能性をチェックする
  • 資格やスキルを身に付け自己研鑽に努める

 

外的にも内的には、出来る事を全て行って下さい。

 

30代、40代でお勧めする対策も、全て実施する事を検討して下さい。

 

人事を尽くして天命を待つ人にチャンスは訪れます。

 

すべき事もせずに不運を呪うだけの中高年には、好機は訪れません。

 

すべき事を全て行っているライバルに勝たなくては再就職は、おぼつきません。

 

何よりも求められるのは行動力

50代の中高年の再就職は決してラクには決まりません。

 

しかし決して不可能でもありません。現に私が、そして冒頭でお伝えしたリストラされた知人の全員が50代で再就職に成功しています。

 

再就職出来た私達全員に共通しているのは「行動力」です。この一言に尽きます。

 

50代という年齢は、自分の行動力でマイナスからプラスに、ハンディーキャップからアドバンテージに変える事が可能です。

 

その切替えが出来た人が再就職に成功しているのが現実です。

 

上記にリストアップした行動を今から起こす、その行動力が問われます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク