現状と転職先候補の徹底的な吟味確認 / 50代の転職経験から

失敗が許されない50代転職では現状と転職後の徹底的な比較検討を

率直に申し上げて50代では転職と再就職を分けて論じる必要があると考えます。

 

50歳を超えた中高年では、現状よりもより良い待遇、条件を目指す転職を検討するケースと、生活のために止むを得ず再就職をするというケースがあります。

 

先ずは、転職について50代の中高年が考えるべき事をお伝えします。

 

 

転職を検討する際は現状の把握と認識を

現状把握と認識が必要な50代

現状把握と認識が
必要な50代

現在の待遇の改善、より良い条件を求めての転職の場合、残された社会人生命を考える必要があります。

 

今勤務する会社の将来性、自分自身の昇進を含めた将来性、仕事の遣り甲斐、今までの勤続年数、ポジション、年収、そして、こちらの「転職が有利か考え個人紹介の再就職オファーはブラックに注意」にも書きましたが退職金などを総合的に考え転職をするかどうかを決めるべきです。

 

必ず転職して有利になる、改善されると判断してから転職に踏み切るべきです。

 

私自身、50代に入ってからも転職を繰り返しましたが、その全てに満足をしている訳では決してありません。

 

転職をしても、求人要綱に書かれていた条件や待遇が、入社して数年後に変らないという保証は有りません

 

もちろん転職を思いとどまって、現在の会社の勤務を続けたとしても、同じように待遇が変わらないという保証もありません。

 

感情で転職を決める事はお勧め出来ない

転職をする動機は人それぞれですが、50代という年齢の中高年の転職に求められるのは「冷静さ」、言葉を換えれば「ドライさ」であると私は考えます。

 

こちらの私の転職体験談「10社目① 50代 外資ブラックへ転職」でお伝えしているブラック企業に、定年間際の50代後半で転職をされたエンジニアの方がみえました。

 

非常に人格者でしたが、そのエンジニアの方の転職の動機は、親会社から天下りした人が副社長となり、その人とどうしてもソリが合わない、その新しい副社長の下で働く事に我慢が出来ず転職をした、というものでした。

 

結局、その私にとって10社目となる会社で、そのエンジニアの方も転職をして来たブラック企業は倒産しました。

 

そのエンジニアの方は、自分の転職を後悔されたかどうかは分かりませんが、私は非常に「もったいない」と感じていました。

 

会社員として、どういう環境や条件や待遇に満足をして仕事をするのかは、やはり人それぞれでしょうが、決して転職した事を後悔しないためには、50代というアトが無い中高年に求められるのは、やはり冷静さであると思います。

 

感情で動くケースで、しばしば転職した事を後悔するというケースが見受けられます。

 

求人オファーを徹底的に吟味確認する

30代、40代と比べて求人数でハンディーキャップがある50代です。

 

50歳を超えてから転職に失敗すると、次の再就職先があるという保証はどこにもありません。

 

最悪の場合、失業し無職となるという事にもなりかねません。

 

例えば転職支援サイトからもたらされた求人オファーであれば、転職支援サイトの担当者に徹底的に質問、確認をする、面接でも徹底的に質問するなどして、1点の翳りも無くすように全てをクリアーにする事が必要です。

 

こちら「5社目の辞職を決意するが転職トラブルで失業し無職に」でお伝えしているよう、私自身の苦い経験からも、

  • 現状の勤務先での状況と将来について吟味する
  • 求人内容を徹底的に吟味する

事を強くお勧めします。

 

次ページでは、50代の中高年の再就職について考えべき事をお伝えします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク