50代の転職 #1 完成された社会人と徹底したプロフェショナルさ

50代は完成された社会人として見做され企業は育成を一切しない

50代での転職では、その後の定年退職をある程度意識した転職となります。

 

採用する側も率直に言って、50代の中高年後半の人に、あと何年働いて貰えるか、それを計算しての採用となります。

 

それでも会社にメリットがある、貢献してくれる可能性があると採用側に判断させることが、転職・再就職の成功のポイントとなります。

 

 

完成形としての社会人

完成した社会人の50代

完成した社会人の50代

当然ながら人材を採用し雇用する会社側は、その中高年の年齢層でも後半といえる50歳を過ぎた社会人を、改めて育成や教育する意志は全くありません。

 

20代、30代の社会人として未完成である人材を中途採用する際は、その会社の商材の教育から、会社の経営方針など基礎教育を行う必要がありますが、50代の人材に対しては、そのような手間を掛けることはしません。

 

50代であれば、いわば完成された社会人として雇用します。むしろ入社後、若手の人材を教育する役割が求められます。

 

ですから求人に応募する立場としては、自分を社会人として完成形にする事が何よりも最初に求められます。

 

履歴書、職務経歴書、また応募時の連絡、電話対応、時間の厳守などなど、徹底的に自分の社会人としての完成度に磨きをかける必要があります。

 

社会人マナー、一般常識に於いて、決してミスが許されない、それが50代での転職・再就職活動での最低限の基本条件です。

 

その分野でのプロフェショナルさ

 

マナー、常識などは当然ですが、前職、そして転職先の企業が属している業界分野に於いてオーソリティーである事も必要です。

 

商材に関する情報、技術的な知識、ノウハウ、最新の市場動向などなど、営業職であれば当然ですが、技術畑、製造畑でも薄くても結構ですが、その業界について広く精通している必要があります。

 

無論、専門的なコアスキルも必要ですが、会社社長や役員と同じレベルの業界知識が求められます。

 

更には、その業界の今後に関しても、1年後、5年後、10年後の将来展望を持っていることも必要です。

 

50代での転職ですと、多くの場合、最終面接の相手、また採用を決めるのは会社役員、経営者となります。

 

会社代表の社長との面接で、その業界の件で質問され、「それは知りません」と答えたり、「5年後の業界の事は考えた事がありません。」などと述べたりするようでは、採用はおぼつかないのが50代です。

 

50代の中高年を採用する側の立場になって考えてみて下さい。

 

その業界のベテラン、分野のオーソリティーである人材、経験や知識不足の若手を指導する役割も含めて人材を求めているのに、「知らない・分からない・考えていない」と回答する中高年を雇う気になれるでしょうか?

 

もし自分が属している業界、分野について勉強不足、最新の情報や知識不足を感じるならば、しっかりと学習、情報収集しておくように準備し、「やはり、その道のプロだ」と高く評価されるようにするべきです。

 

必要であれば再勉強を

私自身、こちらの私の転職経験談「8社目① 50代 外資系転職支援サイト求人」でお伝えしているように、20代で私が経験した業界での求人オファーを転職エージェントから受けた際、すでに50代であった私は自分の最新の情報不足を自覚し、近年のユーザー、市場動向、技術知識を得るために再勉強をしました。

 

業界の先輩、知人に質問をし、インターネットでも情報を検索し、自分の知識と情報を最新のものにし、万全の体制を整え求人に応募、そして採用されました。

 

求人をしている会社側に、最新の情報を教えてあげる事が出来るほどのレベルまで自分の知識をアップデートし面接に臨みました。

 

特に、現場を離れた期間、つまりブランクがある50代の中高年が再就職で職場復帰を目指すケースでは、こちらの「再就職が決まらず無職状態が続く中高年と社会との隔たり」でもお伝えしているように、知識、情報のアップデートに心掛ける事が重要です。

 

その努力は、入社に対する熱意としても相手に伝わります。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク