50代の転職・再就職に求めるもの

50代ではベテラン性に磨きをかけ普遍性のあるスキル習得にも挑戦を

50代の転職・再就職に求めるもの

50代の中高年人材に求められるのは、会社の規模や業界でも違いはありますが、専門分野の専門性が最も大きい要因となります。いわゆるベテラン中のベテランであることが求められ、社会的なニーズが高く専門性が専門的であればあるほど付加価値が高くなります。

 

その限定された専門性にプラスして持っていれば、より人材価値を上げるのが普遍性と汎用性のあるスキルで、その良い例が英語、英会話能力です。

 

仕事上で身に付く、また習得できるベテラン性と違い、英語などの普遍性のあるスキルは自己の努力なしでは身に付きません。50代でも決して遅くはありませんので、類似業種の求人も選択肢に加えることが可能となる汎用性のあるスキルの習得にもチャレンジすることをお勧めします。

50代の転職・再就職に求めるもの 記事一覧

facebook はてなブックマーク