50代の転職・再就職に求めるもの

50代ではベテラン性に磨きをかけ普遍性のあるスキル習得にも挑戦を

50代の転職・再就職に求めるもの

50代の中高年人材に求められるのは、会社の規模や業界でも違いはありますが、専門分野の専門性が最も大きい要因となります。いわゆるベテラン中のベテランであることが求められ、社会的なニーズが高く専門性が専門的であればあるほど付加価値が高くなります。

 

その限定された専門性にプラスして持っていれば、より人材価値を上げるのが普遍性と汎用性のあるスキルで、その良い例が英語、英会話能力です。

 

仕事上で身に付く、また習得できるベテラン性と違い、英語などの普遍性のあるスキルは自己の努力なしでは身に付きません。50代でも決して遅くはありませんので、類似業種の求人も選択肢に加えることが可能となる汎用性のあるスキルの習得にもチャレンジすることをお勧めします。

50代の転職・再就職に求めるもの 記事一覧

完成社会人とプロフェショナルさ
50代の転職 #1 完成された社会人と徹底したプロフェショナルさ

50代での転職では、その後の定年退職をある程度意識した転職となります。採用する側も率直に言って、50代の中高年後半の人に、あと何年働いて貰えるか、それを計算しての採用となります。それでも会社にメリットがある、貢献してくれる可能性があると採用側に判断させることが、転職・再就職の成功のポイントとなります。完成形としての社会人完成した社会人の50代当然ながら人材を採用し雇用する会社側は、その中高年の年齢...

続きを読む
経営参加と自己管理
50代の転職 #2 経営参加と見本となる厳格な自己管理能力

完成された社会人である事、その道のオーソリティーでプロフェショナルである事が最低限求められる50代ですが、その次に求められることは経営参加、及びその意思と心掛けです。会社全体を見る広い視野と判断力50代の広い視野と判断力50代という年齢層は、社会人生の締めくくりのシーズンです。給与、賞与などの待遇も大きな要素ですが、自分が働いてきた社会、フィールドに於いて、何を成し遂げたか、そしてそれを今後どのよ...

続きを読む
50代が有利なライバル会社への転職
50代の転職 #3 年嵩が有利となるライバル会社への再就職

特定分野でのコアスキルやキャリアが高く評価されてのスカウトやヘッドハンティングでの転職などを除いて、中高年でも社会人として年齢的に最期のステージとなる50代の再就職は、30代や40代よりも厳しくなるのが現実です。しかし30代や40代の若い年齢層よりも50代の方が有利となるのが、ライバル会社への再就職です。何故ならば、社会人年数の長さに比例し、その業界でのキャリアを多く積み、様々な知識をスキルを身に...

続きを読む
徹底的な吟味確認
現状と転職先候補の徹底的な吟味確認 / 50代の転職経験から

率直に申し上げて50代では転職と再就職を分けて論じる必要があると考えます。50歳を超えた中高年では、現状よりもより良い待遇、条件を目指す転職を検討するケースと、生活のために止むを得ず再就職をするというケースがあります。先ずは、転職について50代の中高年が考えるべき事をお伝えします。転職を検討する際は現状の把握と認識を現状把握と認識が必要な50代現在の待遇の改善、より良い条件を求めての転職の場合、残...

続きを読む
レベルを下げた候補
レベルを下げた再就職先を候補に加える / 50代の転職経験から

50代という年齢ハンディーキャップを持ちながらも再就職に成功する為に、レベルを下げた再就職先を狙う事、言葉を換えれば、柔軟なスタンスで再就職活動をする事をお勧めします。語弊を恐れずに具体的に書きますが前職の会社よりも規模の小さい会社もしくは様々な面と意味でレベルが低い会社完全にホワイトな優良企業から労働条件などが少々グレーな会社への再就職を目指すという事、清濁併せ呑むというスタンスです。それが出来...

続きを読む
人事を尽くす
人事を尽くし再就職のチャンスを呼び込む / 50代の転職経験から

50代では、会社都合やリストラで止むを得ず退職となり、緊急に再就職をする必要があるケースも少なくありません。また50歳過ぎという年齢のハンディーキャップで、マッチする求人が少なく再就職がままならないのも現実でしょう。私にも、50代でリストラされ必死に再就職活動をし、社会復帰した知人が何人もいます。当サイトでの対策を全て行う人事を尽くすべき50代繰り返しとなりますが、50代こそ、当サイトでお勧めする...

続きを読む
日本レベルを欲する海外
日本レベルを欲する海外の再就職も視野に / 50代の転職経験から

50代の再就職活動で選択肢に含めるべき、会社レベルを下げた再就職先の対象は、何も日本国内の企業に限りません。日本のハード面、ソフト面のレベルに達していない国、及び日本流のビジネス、営業、生産、管理方法を取り入れようとする海外の企業も選択肢に入れる事が出来ます。海外赴任・外国駐在も視野に入れる50代は海外勤務も視野に入れるこちらの「外国語スキルは生涯に渡り有効な技能 / 40代の転職経験から」でもお...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク