外国語スキルは生涯に渡り有効な技能 / 40代の転職経験から

40代は公務員・団体職員への転職のラストチャンス

こちらの「社会的な価値を上げる自己研鑽に努める / 30代の転職経験から」でご紹介した自己研鑽は40代でも非常に有効です。

 

実際に私の知人でも40代後半の年齢から中国語をマスターし、有利な再就職に成功した人がいます。

 

特に外国語スキルは、40歳を過ぎた中高年社会人でも非常に有効な実用的ビジネスツールとして活用が出来るのでお勧めです。

 

 

生涯に渡り役に立つ外国語スキル

40代にこそ有効な外国語スキル

40代にこそ有効な
外国語スキル

私の場合、ご案内のように英語、英会話の技能を身に付ける事に依って30代、50代でも転職、再就職が有利に出来ました。

 

さらに40代でも英語スキルを磨く事で海外の顧客から評価され、それがヘッドハンティングへと繋がりました。

 

40代でも50代に入っても、英語、英会話学習に遅いという事は全くありません。

 

私が色々な場面でお伝えしているように、中学2年生レベルの英語がマスター出来れば、実務レベルで充分に使える英語を身に付ける事が出来ます。

 

個人的には、「ビジネス英語」レベルと自己PRしても全く問題ないと考えています。

 

ちなみに余談ですが、私は50代になってからパソコン、特にインターネットのスキルを身に付け、それが生涯のビジネスに役に立っています。

 

海外赴任と公務員・団体職員の選択肢

外国語スキルを身に付ける事をお勧めするのは、もし不可抗力で転職や再就職を、40代、さらにその後の50代で余儀なく選ばざるを得ない場合でも、海外赴任も選択肢に入れ易くなるからです。

 

外国語スキルは、必ずその後の社会人人生で活用が出来ます。

 

更に40代であれば、民間企業への転職、再就職だけではなく、公務員や団体職員などへの転職も選択肢に入れる事が可能です。

 

公的な組織では、民間での社会人経験を取り入れ組織改革をする機運がありますので、そういうフィールドも選択肢に入れてみる事をお勧めします。

 

ちなみに私が一押しするリクナビNEXTは、以下の写真のように「公務員、団体職員の求人」というカテゴリーを設けていますので、公務員、団体職員への転職、再就職に興味のある方は、登録し求人情報を受け取る事をお勧めします。

 

リクナビNEXTの公務員等の求人情報

リクナビNEXTの公務員等の求人情報

 

 リクナビNEXT

 

私の知人の以下の40代の転職・再就職記事も参考にしてみて下さい。

 

緊急の再就職にも非常に有利な英語

こちらの知人の経験談「40代でも早期退職のリストラに」にもあるように、経済動向に依っては、40代でもリストラされる可能性は充分にあります。

 

1日でも早く再就職をする必要に迫られた際でも、英語が出来るというスキルは非常に強力な武器となります。

 

英語が生涯に渡り有益なツールで、持ち運びも保管も不要、何のメンテナンスも必要ありません。

 

より有利な転職、まさかの緊急の再就職に大いに役立ってくれる英語スキルを40代までに身に付ける事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク