売り手市場で最も高く自分の人材を売る / 40代の転職経験から

より良い有利な転職には情報を多角的に収集する

中高年の転職と再就職というカテゴリーの中で、40代の人材は売り手市場と言えるでしょう。

 

但し、どの年齢層にも言える事ですが、人材が売り手市場であるのか買い手市場であるのか、それはタイミングでも違えば、その時点で供給されている人材にも依りけりです。

 

企業が求める人材、その需要と供給は求職者には分からず、人材の市場が決めるという事です。

 

さらには転職支援サービスの、その時の営業方針でも状況は変わってきます。

 

 

売り手か買い手かは人材市場が決める

40代の人材市場を見極める

40代の人材市場を
見極める

40代であれば、今までに積み上げてきた経験、スキルを存分に発揮できて、さらには未経験の事柄についても学習と吸収を続け成長も出来る年齢層です。

 

40歳を過ぎた中高年ともなればベテラン中のベテラン、そしてお伝えしたように、マネージャーとしてもプレーヤーとしても活躍出来る年代です。

 

そして、他の年齢層と比較して売り手市場のケースが多いと判断出来ます。

 

しかし、ここで注意して頂きたいのは、売り手買い手の状況は常に市場が決めるという事実です。

 

これは、いくら売り手市場の40代といえども、求職者ではコントロールが不可能な事です。

 

人材市場の見極めはスカウトメールで

当然ですが、売り手市場の場合はより良い条件での転職が可能ですが、逆もまた真なり、です。

 

どうしてもすぐに再就職する必要がある場合は別ですが、長期的に転職を計画する場合、売り手市場で転職を検討するべきです。

 

売り手市場なのか買い手市場なのか、それをコントロールする事は不可能ですが、予測と現状を知り把握する事は可能です。

 

それは転職支援サイトからのスカウトメールであったり、新着求人情報メールから簡単に判断が出来ます。

 

売り手市場の場合、メールがドンドンと舞い込みます。

 

やはり、情報を多く持つ者が、ここでも有利な展開が可能となるのです。

 

せっかくの高い付加価値を持つ40代、最も有利な転職をするようにしましょう。

 

また、それが可能なのが40代です。

 

転職・再就職を検討する40代こそ、こちらの「中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」でご紹介しているサービスをフルに活用するべきと言えるでしょう。

 

幅広く転職支援サービスに登録をし機会損失を回避する

40代の中高年が売り手市場の状況で自分の人材価値を高く売る事が出来るか否かは、登録した転職支援サービスの、その時点での営業方針でも変わってきます。

 

当サイトでは中高年の転職や再就職に積極的ではないサービスは基本的に紹介していませんが、「中高年の求人は扱わない」としていたサービスが、社会的な中高年の人材ニーズの高まりに伴い、営業方針を変更する事も少なくありません。

 

そもそも、転職支援サービスは転職成功者の年俸の、ある一定の割合の金額を、紹介した会社かた成功報酬として受け取りますが、転職・再就職成功者の年俸が高いほど、仲介した転職支援サービスへの報酬額は高額となります。

 

それゆえ転職支援サービスとしては、年俸の高い転職希望者を取り扱う方が、年俸の低い人を扱うより有利となるのですが、転職希望者の数と求人数、つまり需要と供給のバランスに依り、第二新卒などの若年層の転職を重点的に扱ったりする会社もあるわけです。

 

転職エージェントが一人一人に指導支援を行うサービスに比べ、1つの求人をサイトで紹介して多くの若年層の転職希望者を募集する方が、効率が良くコストが掛からないという事もあります。

 

また、中高年なたではのハイクラス求人の案件に精通した人材が転職支援サービスに居ない、なので適切な扱いが出来ないという背景を持つサービスもあります。

 

いずれにしても、会社で最も活躍が見込まれる40代の転職活動では、上記のような転職支援サービス会社の内情に依って機会損失となる事は、極力避けるべきです。

 

外的な要因で、有利な求人オファーが受けられないという事態を回避する為、幅広く転職支援サービスに登録し、オファーを受ける事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク