人材市場で付加価値が高い事を自覚する / 40代の転職経験から

求人選択肢から最も有利な条件の求人を選ぶ事が出来る40代

私が49歳で初めて転職支援サイトに登録し、すぐに受け取った幾つかの求人オファーは、全て非常に的を得ているモノでした。

 

驚くほどに私の経験にマッチした求人内容で、その正確性に少なからず驚きました。

 

プロは見るべき所をシッカリと見ている、そう感じたものです。

 

 

49歳までの私の職歴にマッチした求人

40代のアドバンテージ

40代のアドバンテージ

そして嬉しい事に、どの求人要綱に書かれている「人材に求める内容」にも、私は対応が出来ると感じ、どの求人オファーに応募するか迷ってしまいました。

 

数件のオファーに関して私は、更なる紹介を電話で、またメールで、それぞれの転職支援サイトの担当者に確認し、その中で2件のオファーに絞り込みをしましたが、それでも、どれに応募しようかと悩みました。

 

それほどに私の職歴を理解し、私の職歴に見合う求人であると判断され、オファーされていたのです。

 

ただ、この時点で私は3つミスをしています。

 

それは

  • 数社しか転職支援サイトに登録をしなかった事
  • 転職エージェントには一切登録をしなかった事
  • 求人オファーを取捨選択した事

です。

 

2つ目の失敗は、そもそも転職エージェントというサービスの存在を知らなかったので、致し方ないのですが…

 

40代はマッチしたオファーが多く受け取れる

今となっては分かりません、しかしもし、あの時点で更に多くの転職支援サイトに登録し、転職エージェントやヘッドハンターの方とも接触していれば、更に自分にマッチした、そして条件も待遇も良い求人がオファーされたかも知れません。

 

後年、こちらの「外資系転職支援スタッフとの有意義な打ち合せと第1回目の面接」でもお伝えしているように、非常に優秀なエージェントと出会えた時、強くそれを感じました。

 

これは40代に限った事ではありません。ですが、

  • 40代は30代と比べ業界内での実績が多い
  • それ故マッチングしたオファーを受ける可能性が高い
  • さらに40代は50代より求人数が多い

事から、特に40歳を過ぎた中高年に注意して頂きたい事です。

 

40代の転職、再就職で注意して頂きたい事、それは非常に人材市場で付加価値の高い40代は、自分のキャリアにマッチした求人オファーを他の年代層よりも多く受け取れる、という事、そのチャンスを逃さないためには、選択肢を多く持つためには、なるべく多くの転職支援サイトを活用するべき、という事です。

 

自分の人材価値は客観的な判断に任せる

3つ目の失敗は、受け取った求人オファーの幾つかを、「この求人は自分にマッチしない」と勝手に判断し応募しなかった事ですが、これも大きな失敗でした。

 

前ページにも書きましたが、求人市場に於いて人材の価値を決めるのは社会です、決して自分自身で判断すべきではありません。

 

更には、その求人がどういう人材を求めているのか、入社後にどんな役割を求めているのかの詳細も知らずに取捨選択するのは、賢い判断ではありません。

 

40代であれば、最終的には求人を取捨選択する事も多いと思いますが、以下の記事にもありますように、求人内容の詳細を知るまでは決して選択肢から外さない事をお勧めします。

 

オファーされた求人を断るのは、いつでも出来ますから。

 

以下の記事も参考にして下さい。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク