40代の転職 #2 プレーイング・マネージャーと管理職業務志向

部下を指導し自らスタッフとして活躍するプレーイング・マネージャー

中高年、特に40代、50代の人材を求人をする企業が、部下の指導や管理業務に重点を置く求人応募者、つまり管理職の仕事を志向をする応募者を敬遠する理由とは、企業はそういう役目だけを中高年の転職・再就職希望者に求めているわけでは無いからです。

 

 

プレーイング・マネージャーである事が求められる

40代のプレーイングマネージャーとしての役割

40代のプレーイング
マネージャー
としての役割

40代以上の中高年の場合、ともすれば部下への指導や管理が得意だ、経験がある、若手社員を育成した実績がある事をアピールします。

 

管理職に就く事を望むとする中高年の求人応募者は、えてして現場の最前線に出るよりも、社内のデスクワークが得意であったり、またそれに類する業務を望む場合が少なくないとされています。

 

応募する本人に、そういう意志や意識が無くとも、採用を検討する企業側は、40代以上の中高年に対して「管理職志向」があると判断してしまう可能性が高いのです。

 

現場に一兵卒として出て、肉体的にも負荷の高い業務を厭わずに行い、汗水流して仕事をする事を良しとせずに、空調の効いた社内オフィースでデスクワークをしたい、つまりラクをしたいと受け止められるリスクがあるのです。

 

会社役員、経営陣のボードメンバーとしての役目を求められての転職であれば話は別ですが、40代であれば企業が求めるのは、単なるマネージャーでは無く

  • 部下を管理・指導しながらも自ら最前線で指揮をし
  • 時には自分もスタッフの一員として最前線で活躍するという

まさにプレーイング・マネージャーなのです。

 

ここを勘違いされると、求める企業側の意志と応募する側の意志とがすれ違いを起こしますので、特に注意が必要です。

 

会社規模には特に注意が必要

特に規模の大きな会社から、そこよりも小さな規模の会社への転職の場合、この40代で管理職の業務を志向するのはマイナス評価につながる可能性が高くなります。

 

大企業で管理職を経験していた40代以降の中高年、その人が前職よりも小さな規模の会社に転職を希望する場合、「自分の管理職としての経歴を活かして部下を指導します、管理します」、とPRしたとしても、それは本人の思いとは全く逆の評価、効果となります。

 

採用を検討する側にしてみれば、「大きなお世話だ」と。

 

40歳過ぎの中高年の転職に求められるもの、それはどんな事でも任せられるオールマイティーさであり、また決してデスクワークに徹しない、いつでも現場に駆け付けるフットワークの良いプレーイング・マネージャーとしての働きです。

 

新入社員と同じマインドとスタンスで会社に貢献する、という意思表示が大切です。

 

プレーイング・マネージャーとしてどちらを重要視するかを把握

40代の転職・再就職活動では、決してデスクワーク志向ではない事、むしろ最前線で仕事をする現役プレーヤー志向である事をアピールすべきとお伝えしましたが、40代であれば既にプレーイング・マネージャーとしての実績を積んでいる方が多い筈です。

 

自己PR資料、職務経歴書で自分のプレーイング・マネージャーのキャリアを前面に出してアピールするべきです。

 

その際、求人に依っては、現役プレーヤーとしての役割を重視する求人もあれば、逆に管理職としての役目を重視する求人もあります。

 

やはり転職エージェントから情報を提供してもらい、その求人が求める内容にマッチしたPRをするべきです。

 

転職・再就職のプロのサポートを受けるようにしましょう。

 

外資系企業でもケースバイケース

一般的に外資系企業は、会社から指定された業務を行い、その業務以外の仕事に手を伸ばす事をプラス評価しませんので、40代以降のプレーイング・マネージャーとしての活躍も評価の対象としない企業もあります。

 

デスクワークが会社からの指示であればデスクワークをこなすマネージャーに徹するべき場合もありますが、しかし私の経験から言えば、外資系企業の縦割り組織も、会社に依りけりで、日本企業の強みである「垣根を超えた仕事ぶり」を求める外資系企業もあります。

 

私が再就職した北欧に本社を置く外資系企業は、まさにこのタイプでした。

 

転職・再就職先に外資系企業を加ええる場合、その会社の特長を転職エージェントから情報提供を受けて実態を把握しておく事をお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク