40代の転職 #1 オールマイティーさと管理者経験に対する評価

前職の管理職の管理経験だけを前面にPRするのは却ってマイナス評価

40代の中高年人材に対して企業から求められるものが、私個人としては最も多い、そして大きく広範囲であると考えていますし、それは実際の経験より肌で感じました。

 

 

オールマイティーさ

オールマイティーな40代

オールマイティーな40代

30代でも50代でも無いもの、しかし同時に中高年という年齢層の人材全般に求められるもの、スキルや能力が40代には最も強く求められます。

 

それは会社に在職中の状態でも同じで、40代での人事評価で、社内で出世が出来るか出来ないか決まると言っても過言ではないでしょう。

 

企業の規模に依りけりですが人事評価が高ければ、40代ともなれば早ければ役員、役員待遇という会社もあるでしょうが、少なくとも中間管理職であるケースが多いと思われます。

 

中間管理職は、部下の管理・指導・教育を行い、同時に役員など上司への適格で正確な報告をし、指示を仰ぐ事が業務となります。

 

転職・再就職後には即戦力として、最前線に出て現役のプレーヤーとして活躍する役目が求められ、同時に一個小隊の指揮官としての役割も求められる40代。

 

つまり40代は企業という組織の中核の年齢層であり、会社の命運を担う年代であり、その働きが求められる、いわばオールマイティーさが40代では必要となります。

 

激務であり、同時に遣り甲斐のあるポジションとも言えるでしょう。

 

プロの協力を得て強力な自己プレゼンテーション書類に

先に書きましたように、40代の社会人であれば管理職、中間管理職を経験されてみえる方が多いと思います。

 

何十人、何百人という部下を管理し指導していた、これだけの規模と数のプロジェクトのマネージメントをした、という実績をお持ちでしょう。

 

もちろん、そのキャリアは40代にふさわしいキャリアとして職務経歴書でアピールし、その際に発揮した筈のスキルもコアスキルとしてPRすべきモノです。

 

しかしどんなコアスキルが、どんな経験が転職・再就職活動で有利になるのか、また求人企業の要求にマッチするのか、それを完全に把握しPRするのは至難の業です。

 

転職・再就職のプロで、個々の求人内容と背景を把握しているエージェントやヘッドハンターのアドバイスを求めて比類なき強力な自己PR、自己プレゼンテーション書類とすべきです。

 

職務経歴書、コアスキルのアピールに関しては、それぞれ

を参考にして下さい。

 

応募に際して最も注意する点

しかし、その管理職の管理経験だけを、あまりにも強力に前面に出してPRするのはマイナス評価、もしくは採用にプラスに働かない場合もあります。

 

30代の方へのアドバイス「30代の転職 #1 即戦力と将来会社を背負う為の更なる成長」にも書きましたが、理屈だけでは通らない世界もあります。

 

自己PRを転職・再就職先の採用決定者が、どう受け止めるかは相手に依りけり、ケースバイケースです。

 

中高年で40代の場合ですと、経営参加の役員と違い、あくまで管理職のポイジションであり、そういう前職で管理職であった場合、採用する企業は指導、管理に重点を置く応募者、および管理職志向をする応募者を敬遠する傾向があるケースも少なからずあります。

 

このポイントは、40代、50代の両方に言えることですが、特に注意して欲しいポイントです。

 

詳しくは次ページでご説明します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク