40代の転職・再就職に求めるもの

中高年向けの求人で最も人材ニーズが高い40代

40代の転職・再就職に求めるもの

世間で「働き盛り」と紹介されることが多い40代から50代という年齢層の中高年、まさしく会社の中で最も重要な役割を果たす人材です。40代は、その後の50代、60代に向けてベテラン度を上げていく年齢層であり、既に身に付けているスキルや積んでいる経験に関して、熟練度を上げながらも貪欲に新しい知識を吸収する姿勢も同時に求められます。

 

50代、60代の先輩から、そして年下からも真摯に学び続け自他ともに認めるベテランとなれば、転職も再就職も困難ではないどころか、よりレベルアップした待遇となる筈です。

 

中高年向けの求人でも、最もニーズが高い40代です。現在の自分を客観的に人材評価し、さらに今より価値を上げる心構えを持ちましょう。

40代の転職・再就職に求めるもの 記事一覧

オールマイティーさと管理者経験
40代の転職 #1 オールマイティーさと管理者経験に対する評価

40代の中高年人材に対して企業から求められるものが、私個人としては最も多い、そして大きく広範囲であると考えていますし、それは実際の経験より肌で感じました。オールマイティーさオールマイティーな40代30代でも50代でも無いもの、しかし同時に中高年という年齢層の人材全般に求められるもの、スキルや能力が40代には最も強く求められます。それは会社に在職中の状態でも同じで、40代での人事評価で、社内で出世が...

続きを読む
プレーイング・マネージャーと管理職
40代の転職 #2 プレーイング・マネージャーと管理職業務志向

中高年、特に40代、50代の人材を求人をする企業が、部下の指導や管理業務に重点を置く求人応募者、つまり管理職の仕事を志向をする応募者を敬遠する理由とは、企業はそういう役目だけを中高年の転職・再就職希望者に求めているわけでは無いからです。プレーイング・マネージャーである事が求められる40代のプレーイングマネージャーとしての役割40代以上の中高年の場合、ともすれば部下への指導や管理が得意だ、経験がある...

続きを読む
35歳限界説
ナンセンスな35歳転職限界説 / 40代の転職経験から

私がこの中高年の転職・再就職をテーマにしたサイトを作ったのは、50代の年齢になってからです。このサイトを作るまで、私は所謂「35歳転職限界説」というモノを全く知りませんでした。ナンセンスな35歳転職限界説無意味な35歳転職限界説ご存じと思いますが、「35歳転職限界説」とは読んで字の如し35歳を過ぎると求人数が少なくなり転職が困難になる転職をするなら35歳という年齢までが限度というモノです。私は50...

続きを読む
高い付加価値
人材市場で付加価値が高い事を自覚する / 40代の転職経験から

私が49歳で初めて転職支援サイトに登録し、すぐに受け取った幾つかの求人オファーは、全て非常に的を得ているモノでした。驚くほどに私の経験にマッチした求人内容で、その正確性に少なからず驚きました。プロは見るべき所をシッカリと見ている、そう感じたものです。49歳までの私の職歴にマッチした求人40代のアドバンテージそして嬉しい事に、どの求人要綱に書かれている「人材に求める内容」にも、私は対応が出来ると感じ...

続きを読む
売り手市場
売り手市場で最も高く自分の人材を売る / 40代の転職経験から

中高年の転職と再就職というカテゴリーの中で、40代の人材は売り手市場と言えるでしょう。但し、どの年齢層にも言える事ですが、人材が売り手市場であるのか買い手市場であるのか、それはタイミングでも違えば、その時点で供給されている人材にも依りけりです。企業が求める人材、その需要と供給は求職者には分からず、人材の市場が決めるという事です。さらには転職支援サービスの、その時の営業方針でも状況は変わってきます。...

続きを読む
外国語スキル
外国語スキルは生涯に渡り有効な技能 / 40代の転職経験から

こちらの「社会的な価値を上げる自己研鑽に努める / 30代の転職経験から」でご紹介した自己研鑽は40代でも非常に有効です。実際に私の知人でも40代後半の年齢から中国語をマスターし、有利な再就職に成功した人がいます。特に外国語スキルは、40歳を過ぎた中高年社会人でも非常に有効な実用的ビジネスツールとして活用が出来るのでお勧めです。生涯に渡り役に立つ外国語スキル40代にこそ有効な外国語スキル私の場合、...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク