派遣エンジニアのメリットと正社員エンジニアのデメリット

企業や業務を選び経験を積みスキルアップが出来る派遣エンジニア

エンジニアに限らず、転職や再就職を望む方は、正社員として雇用され安心して就業したいという気持ちをお持ちでしょう。

 

派遣社員という立場と正社員という立場では、誰しも安定している正社員を望むでしょう。

 

しかし、もしもなかなkと正社員での転職先、再就職先が見つからない、採用が決まらない場合は、特にエンジニアは契約社員という選択肢を加えるべきと考えます。

 

 

派遣エンジニアのメリットと正社員のデメリット

派遣エンジニアのメリット

派遣エンジニアの
メリット

私が共に仕事をした元派遣エンジニアの方は、「派遣エンジニアは自由度が高いのが最大のメリット。」と言われます。

 

派遣された会社の中で、得意な分野を任されることもあれば、挑戦したい分野に名乗りをあげることも出来る、しかも良くも悪くも正社員ではないので残業を自分でアレンジすることも出来る…

 

逆に正社員のエンジニアとして働いたときは、「1年中、同じ内容の仕事ばかりだった…」と。

 

つまり、以前こういうエンジニアリングをした経験を持っているので、それに類似したエンジニアリングは彼に任せれば大丈夫だ、といつも殆ど同じ内容の仕事になる、という訳です。

 

その会社内での過去の実績、経験に縛られてしまう…

 

会社側にしてみれば、リピートのエンジニアリングですので、設計工数が削減できる、つまりコストダウンとなるのですから、慣れた仕事を繰り返し依頼するのも当然です。

 

しかしエンジニア側としては、会社の中で、ある特定分野の専門エンジニアとなってしまい、飽き飽きしてくる、というデメリットがあるとのことで、私もなるほどと納得しました。

 

派遣先・仕事内容を選ぶことが可能

派遣エンジニア経験者の彼によれば、登録したエンジニア派遣会社から、

  • 色々な会社のプロジェクト計画のオファーがあり
  • その中で募集している業務を選び
  • さらに派遣期間などもチョイスできる

との事です。

 

つまり派遣エンジニアは、企業や業務を選び経験を積むことが出来て、同時にスキルアップが出来るというメリットがあります。

 

もちろん全ての条件が100%満足できる案件が常にあるとは限りませんし、また給与の面でもケースバイケースとなります。

 

また、もともと経済状況などに影響されず、常に人材ニーズのあるエンジニアの求人ですが、中高年としてキャリアを積んでいる業種や職種、また希望条件などに依っては転職・再就職がなかなかと決まらない場合もあります。

 

特にリストラなどの解雇で無職となり無収入の状態でいるよりは、様々な面でメリットのある派遣エンジニアを積極的に考えることをお勧めします。

 

派遣エンジニアとして働いて収入を確保しながら、正社員雇用の再就職活動を同時に継続する事が、収入の面でも、エンジニアとしてより多くの種類のキャリアを積むという面でも、最も有利であると考えます。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク