働きながらの転職活動には転職支援サービスの利用は必須

会社で働きながら転職活動 - 効率的な転職活動に転職支援を活用

転職活動では、今勤めている会社で働きながら転職活動するか、もしくは退職して転職活動をするか、2つの選択肢があります。

 

各人の生活や考え方、更には勤労状況によっても変ってきますので、どちらが良いとは言えませんが、この2つの両サイドの転職活動についてお話したいと思います。

 

 

働きながらの転職活動は時間的制約がネック

転職支援サイトの利用がベスト

転職支援サイトトの
利用がベスト

働きながらの転職活動では、日中は働いているので、求人に応募した企業への面接などには就業後もしくは有給休暇を取ったりして行かなくてはなりません。

 

中には土日に会社説明会や面接をしてくれる会社もあるようですが、自分で求人を見つけて応募し、書類審査が合格で面接となり、面接の日程と時間の調整を自分で行うという、会社勤務を続けながらの一連の転職活動は結構ハードになります。

 

社会人経験が乏しい人には、1度は転職のプロと面談や相談をするべきと前の記事で書きましたが、個別指導をしてくれる転職エージェントが付く支援サービスに登録して、エージェントやコーディネーターからの求人紹介案件を中心に転職活動するのが効率的だと思います。

 

マッチングの高い求人をオファーしてくれますし、求人に応募する際も、その後の色々な調整も企業側と行ってくれるので非常に助かります。

 

特に面接の日程と時間調整は、求職者と採用担当者のスケジュール調整が必須で、なかなかと互いの都合が合わない場合もあるので、その代行をしrてくれるサービスは非常にメリットがあります。

 

転職支援サイトを利用する

派遣会社と一緒で近年では多数の転職支援サービスが存在していますので、20代から30代の転職希望者は少しでも求人情報の窓口増やす為に、

  • 先ず最初は多目の転職支援サイトとエージェントに登録し
  • その中で自分の希望にマッチする対応をしてくれる転職エージェントやコーディネーターを2~3人に絞る

という転職活動が効率的でお勧めです。

 

転職に関して色々とサポートをしてくれる転職支援サイトのエージェントですが、やはり得意な分野、業界が、それぞれありますので、最初から絞り込むのはリスクがあり機会損失という事も有り得ます。

 

また、自分が進みたい業界に強い転職エージェントに絞るのも良い方法です。

 

求人の面接前に担当のエージェントやコーディネーターとの顔合わせがありますが、私の前の会社の30代の同僚は、仕事中の昼休みに会社の近くで打ち合わせをして職務経歴書のチェックをしてもらっていました。

 

ちなみに有名な大手の転職支援サイトでは、週末でもエージェントやコーディネーターとの面談を受け付けています。

 

転職エージェントは、就業中でも最大限に転職活動をサポートしバックアップしてくれます。

 

この「中高年向け転職・再就職支援サービス一覧」で紹介されている転職支援サイトの中で、「転職エージェント / 転職・再就職のプロが求人をオファーし個別にサポート」とされている転職支援サービスが、これに相当します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク