ハローワークは求人は多いが若年にはコストパフォーマンスが悪い

ハローワーク - 20・30代の転職活動にはオススメできない

転職活動と聞いてイコール、ハローワークと思いつく人も未だに多いと思います。

 

公共のハローワークは、各企業と精通している民間の転職支援サイトやエージェントに比べて、就職や転職に対する実践的なアドバイスとサポートの面で能力的に劣っているのは否めません。

 

求人に応募し採用されるための戦略的な支援で、民間の転職支援の方がハローワークよりも遥かに優れています。

 

 

求人情報は多いがコストパフォーマンスが悪い

オススメできないハローワーク

オススメできない
ハローワーク

ハローワークは人材を求める会社が無料で利用できることから求人は多くあります。

 

しかし求人検索用のパソコンが利用者で混んでいることが多く順番待ちは当たり前、また検索で良い求人を見つけても職員と面談するまで更に待ち続けて、応募する1件の求人のために紹介状を書いてもらうまで、最悪数時間もかかることがあります。

 

私の先輩の、このサイトの管理人さんがこちらの「ハローワークでの待ち時間を短縮し早く紹介を受ける裏技」で紹介している待ち時間短縮の方法もありますが、利用者も中高年が多く平日の昼間から殺伐とした圧迫感があります。

 

私の個人的な感想かも知れませんが、なぜか行くと暗い気分になってしまうハローワーク…

 

退職して失業保険関係の事務的な手続きや職業訓練の紹介等の場合を除き、20代や30代の若年層はハローワークを積極的に利用するのをあまりお勧めできないです。

 

管理人さんも書かれているように、ハローワークは、むしろ40代以降の中高年の方に民間の転職支援との併用をお勧めしたいと考えます。

 

各都道府県、若年層対象にしたハローワークもありますので、そちらを利用する方がいいでしょうが、公共施設なので公務員である職員が対応するのは、一般的なハローワークと変らないことは留意しておきましょう。

 

早く決めようと焦り過ぎてはいけない

これまで紹介した大学の就職課、転職支援サイト、転職エージェント、ハローワークの職員も共に相談にいけば、職歴がないとブランクをすぐに埋めるために1日でも早く就職するように煽られると思います。

 

社会人経験がない場合、時が経つに連れて就職できるリミットが刻々と無くなっていく錯覚に陥りますが、20代や30代前半ならまだまだ先は長いですし、団塊の世代が抜けていく昨今の時代、経験がなくても将来性を買われて企業に重宝される世代です。

 

更には私のように、待遇が正社員と殆ど変わらない派遣社員という働き方も選択ができる、自分の人生観で働き方自体が選べるのが若年層の強みです。

 

時は金なりですので、ハローワークで長い時間を費やすのは、特に若い方にとってコストパフォーマンスが非常に悪いと思います。

 

むしろ自分が企業を選んでやるくらいの気持ちでいて、構えて就職活動をしましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク