20・30代は転職エージェントと面談後に独自活動を開始する

転職支援サイト - 時間に余裕がない在職中の人にオススメ

最近は20代でも30代でもハローワークのみでなく、民間の転職支援サイトを利用して、求職者が自ら直接求人に応募する方が増えていますが、個人的に転職エージェントから求人の紹介を受けて転職や再就職するという方も多くなっているようです。

 

最初に転職エージェントのコーディネーターや転職アドバイザーと面談して、求人を紹介してもらい、そこで初めて企業に履歴書やレジュメを提出して面接に進むという形式です。

 

 

転職エージェントの利用は社会人経験がない人は注意

時間の無い人は転職支援を活用すべき

時間の無い人は
転職支援を活用すべき

転職エージェントやコーディネーターが履歴書や職務経歴書の書き方などをアドバイスしてくれ、予め応募先の企業に自分を推してくれてバックアップをしてくれるので、求人と応募人材のミスマッチが少なく、成功率が高いことを謳い文句にしている転職エージェントが多くなっています。

 

年齢にかかわらず、時間に余裕がない在職中の人に転職支援サービスはお勧めです。

 

ただ、転職エージェントといっても慈善事業ではなく、クライアントである企業に人材を送り込んで利益を上げる商売なので、自分達の利益につながるように求人を紹介される可能性もありますし、私も何度かエージェントとコンタクト取った事、面談した経験がありますが、求職者が若年の場合、若干ですが上から目線のエージェントもいます。

 

20代、30代の若い求職者ですと、転職エージェントの方が社会人経験が長いのですから、ある意味では致し方ないかもしれません。

 

社会人経験があった方がエージェントと対等に話がしやすくなる

転職エージェントを利用するなら、社会人経験が皆無な第二新卒層よりも、数年社会人経験をした層の方がエージェント側の意図をある程度読み取れる力がついているはずなので利用価値が高いと思います。

 

ですから転職エージェントは、30代後半以降、また40代、50代の中高年の方には、うってつけの転職・再就職支援サービスと言えるかも知れません。

 

20代や30代で転職の経験が無い人は、参考に1つのエージェントだけで話を聞く、面談をする程度で良いと私は個人的に思います。

 

逆に言えば、今後の転職活動で注意すべき一般事項として、一度はプロから個人的に話しを聞くのは効果がある、メリットがあると思います。

 

マナーや履歴書などの応募書類の書き方などの就職活動の基本的なもの、そしてその時の最新の転職・就職事情の情報を入手することには価値があります

 

一度プロの転職エージェントと面談をした後は、社会人経験がない若い方ならば、開きなおってエージェントではなく、リクナビNEXTのような求職者が自分で求人を見つけ応募するサイトを利用し、自ら積極的に求人に応募していった方が良いでしょう。

 

エージェントに中途半端に吹聴されるよりは、自分で失敗や成功を繰り返して就職活動のノウハウを体で覚えていきましょう。

 

但し、「このプロに任せたい!」と思えるような素晴らしいエージェントと出会えた場合、非常にマッチングが高く自分にピッタリの求人、条件や希望に合う求人紹介を受けた場合は、この限りではありません。

 

その転職エージェントとの協力体制で転職活動を行いましょう。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク