20 - 30代 転職活動アドバイス

時間的な制限のある若い年齢層の転職活動では効率性を考える

20 - 30代 転職活動アドバイス

20代や30代前半の若い年齢層の方は、会社に勤務する、仕事をする中で常に転職を意識する必要はないかも知れません。日々の業務を真剣に確実にこなし、経験を糧にして成長し、スキルをキャリアを身に付け会社に貢献し評価をされることを優先すべきです。

 

転職を検討するにしても、20代や30代であれば毎日の業務に忙殺され、転職活動に割けることができる時間も限られることでしょう。ハローワークや民間の転職支援サービスの利用でも、それぞれの特徴を把握して効率よく活用するべきです。

 

また転職を考え始めた時点から、日々の勤務や業務で心掛けておくこと、チェックしておくべきことを知っていれば、その後の転職活動が有利に、また効率的になります。

20 - 30代 転職活動アドバイス 記事一覧

エージェント面談後に独自活動
20・30代は転職エージェントと面談後に独自活動を開始する

最近は20代でも30代でもハローワークのみでなく、民間の転職支援サイトを利用して、求職者が自ら直接求人に応募する方が増えていますが、個人的に転職エージェントから求人の紹介を受けて転職や再就職するという方も多くなっているようです。最初に転職エージェントのコーディネーターや転職アドバイザーと面談して、求人を紹介してもらい、そこで初めて企業に履歴書やレジュメを提出して面接に進むという形式です。転職エージ...

続きを読む
ハローワークのコストパフォーマンス
ハローワークは求人は多いが若年にはコストパフォーマンスが悪い

転職活動と聞いてイコール、ハローワークと思いつく人も未だに多いと思います。公共のハローワークは、各企業と精通している民間の転職支援サイトやエージェントに比べて、就職や転職に対する実践的なアドバイスとサポートの面で能力的に劣っているのは否めません。求人に応募し採用されるための戦略的な支援で、民間の転職支援の方がハローワークよりも遥かに優れています。求人情報は多いがコストパフォーマンスが悪いオススメで...

続きを読む
働きながらの転職活動
働きながらの転職活動には転職支援サービスの利用は必須

転職活動では、今勤めている会社で働きながら転職活動するか、もしくは退職して転職活動をするか、2つの選択肢があります。各人の生活や考え方、更には勤労状況によっても変ってきますので、どちらが良いとは言えませんが、この2つの両サイドの転職活動についてお話したいと思います。働きながらの転職活動は時間的制約がネック転職支援サイトトの利用がベスト働きながらの転職活動では、日中は働いているので、求人に応募した企...

続きを読む
在職中に準備
退職後に転職活動する場合も在職中に準備をし求人をこまめに見る

何らかの理由で会社を辞めて、退職後に転職・再就職活動をする場合でも、就業している時に最低限の準備はしておきましょう。退職後にすぐ転職活動開始する場合でも、少し休んでから再就職活動をする場合でも、履歴書と職務経歴書は必ず就業中に作っておく事を強くお勧めします。出来る限り具体的に、そして詳細に、また数値で表す事が出来る事は数字を使い書き上げる職務経歴書は、会社を辞めて後から自分の仕事を振り返って書くよ...

続きを読む
どんな資格も履歴書に明記
どんな資格でもスコアでも転職・再就職のためには履歴書に明記

20代・30代の若年世代ですと、自分の将来を考えて独立や転職のために退職して、学校等に通い難関な国家資格を目指す人もいます。資格に関して、あくまでも少しでも転職を有利にするために、コストパフォーマンスが高い資格の利用方法を私自身の経験からお話をしたいと思います。有名な国家資格の場合、合格率が低い上に試験が年に1回の一発勝負になります。このレベルの資格取得を足がかりに転職活動するのは、スケジュール的...

続きを読む
取引先や同業会社
会社に在職している時から転職先として取引先や同業会社をチェック

「働きながらの転職活動には転職支援サービスの利用は必須」の記事で時間的な余裕がない場合、転職支援サービスのエージェントを使うと効率的に転職活動ができるとお伝えしましたが、エージェント、つまり個人的な転職サポートが無い転職支援サイトも駆使して、自らも積極的に求人に応募していくべきです。またハローワークや転職支援サイトの求人を頼りに探していくのも良いですが、さらに在職している会社で得れる情報も転職活動...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク