面接で落ちても転職活動を社会経験と割り切り次回に活かす

転んでもタダでは起きず社会を生き抜くしたたかさと処世術を付ける

転職活動で面接まで進んでも、最期に落とされる、採用されないこともあると思います。

 

私も20代と30代で、それぞれ何度も経験しています。

 

転職・再就職活動は一種の「縁」のようなもので、会社によってどういう経歴の人材が欲しいのか様々ですし、採用を決める面接官との相性もあるでしょう。

 

強力なライバルの出現という事も現実には少なくありません。

 

「この会社に転職して頑張ろう!」と心に決めて準備万端で臨んだ面接、しかし最終的に不採用となり落ち込むなといっても無理かもしれません。

 

でもその貴重な経験を無駄にしないように心がけましょう。

 

たとえ貴方が30歳後半であっても、40代、50代の人と比べれば転職・再就職を成功させる絶対的な機会は間違いなく多いのです。

 

 

転んでもタダでは起きない

社会を生き抜くしたたかさを

社会を生き抜く
したたかさを

せっかく貴重な時間を使って履歴書を作成し職務経歴書を送ったり、面接するために出向いたのですから、「転んでもタダでは起きない」発想を持ちましょう。

 

私は書類選考や面接で落ちた会社でも、魅力あった求人には採用見送り通知に対して、私からの返信で、

  • 欠員が出た場合は声掛けていただけませんか?
  • 今後経験を積んでからまた応募してもよろしいでしょうか?

等と聞きました。

 

我ながら、私の積極性のアピールに、また次回の採用の可能性をゼロにしないために、非常に有効な手段であったと思っています。

 

この私からのリクエストに対して、会社によっては履歴書は保存しておいてくれたり、今後身につけておいた方が良い資格や業務のアドバイスをもらったりしました。

 

最期は、やはり「人と人との繋がり」なんだ、決して機械を相手にしているのではないのだ、と感じたものです。

 

面接は合否云々以前に情報収集の場

面接をすれば、その会社がどういうことをやっているのか、またどういう人材が欲しいのか、会社のホームページや求人情報の応募条件だけでは分からないことが分かってきます。

 

この事は同業界を目指すなら、今後の転職活動の指針になりますし、在籍している会社以外の同業界の会社の情報は貴重なはずです。

 

仮に落ちて採用されなくても、転職活動の経験は今後のキャリアの血となり肉となります。

 

勿論内定、正式採用をもらうことが一番大事ですが、20代や30代という若い時期に転職活動を通じて、社会を生き抜くしたたかさや、就職先や仕事は独自の発想で見つけるという処世術を身につけておきましょう。

 

それは今後の長い社会人人生で大きな糧となるはずです。

 

私自身、糧になっていますし、私の先輩である当サイト管理人さんも、同様に糧にされていると私は受け止めています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク