社会経験が短くても面接で経歴の自己紹介と会社への質問は必須

経歴を話せるように頭の中で作っておき会社側への質問は積極的に

新卒時の面接の自己PRタイムのような大げさなものではありませんが、私の20代から30代の転職活動で、応募した会社の面接の最初に「学校を卒業してからの経歴の自己紹介」をさせられることが多々ありました。

 

 

経歴は話せるように頭の中である程度作っておく

転職経歴説明と質問も必須

転職経歴説明と
質問も必須

前述の通り、転職で求人に応募した面接では、前職の退職理由は必ずといっていいほど聞かれ確認されます。

 

ですから面接での自己紹介の時、退職して転職活動する経緯と志望動機をリンクさせて上手く盛り込んで話せれば、その後の質疑応答もやりやすいと思います。

 

自己紹介等のアドリブは、いきなり振られても若いうちはなかなかと上手く話せないものですが、いつ振られてもいいように学校を出て社会人になってからの経歴はある程度、頭にまとめておきましょう。

 

会社側への質問は遠慮せず積極的に

面接の最後には必ずといっていいほど、面接官からこちらからの質問はあるかと尋ねられます。

 

転職や再就職のマニュアル本には、「何も質問はありません」と答えるのではなく、入社の意志や熱意が相手に伝わるようなポジティブな質問を用意しておくと良い、と書かれていたりします。

 

ポジティブな質問をする事に関しては私も同意しますが、しかし同時にマニュアルには、「給与の話、残業の有無、有給の取りやすさ等を質問するのは印象が良くない」とも書かれていたりします。

 

私は、そんな事は気にせず聞きたいことは何でもどんどん聞くべききと思います。

 

この場面でも、若さを前面に出すべきです。

 

転職をするこちらとしても、前職を退職するというリスクを背負って転職活動をしているわけです。

 

新卒の就職であれば、比較的時間的な余裕がある就職活動が出来ますし、複数の企業から内定もらってから入社する会社を選ぶこともできます。

 

しかし転職・再就職活動では、内定から入社を決めるまでの期間は決して長くないのです。

 

また転職の場合、どれだけ早く入社してくれるかを内定の基準の一つにしている会社も多いです。

 

なので転職活動の場合は、面接時で少しでも会社の情報を得て、それを判断材料に入社の意志を決めなくてはなりませんので、遠慮をする必要はありません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク