退職理由はネガティブな内容でも正々堂々と若く率直な態度で

若い求職者には長く勤務して欲しいので退職理由は必ず聞かれる

転職活動の面接に於いて聞かれる質問で、一番多いのが「前職を退職した理由」です。

 

志望動機よりも多く聞かれて、また「どうして辞めた(辞めたい)のですか?」と突っ込まれるところです。

 

40歳以降の方であれば、人生経験も豊かで臨機応変に対応も出来るでしょうが、20代、30代でこの場面でシドロモドロになることだけは避けましょう。

 

事前の準備が重要です。

 

 

中途採用者には疑心暗鬼がかけられている

退職理由は正々堂々と

退職理由は正々堂々と

中途採用で求人に募集しているとはいえ、求人をし採用をする会社側にとっては、一度会社を退職した経験がある人を雇用しても、また辞められるんじゃないか?という不安があるのです。

 

中途採用の面接官だからといって、面接官自身に全く転職経験がない場合も往々にしてあり、そういった会社に対する忠誠心のある人は、一度は決心して入社した会社を辞めて転職する人に対して不信感を持っている、転職希望者に懐疑心を持っているという場合もあるのです。

 

面接のマニュアル本では、ネガティブな退職理由は面接で言わない方がいいと書いてあります。

 

しかし、在籍している会社に不満がなかったら転職なんかしないんですから、実際には退職理由なんてネガティブな理由が圧倒的なものです。

 

退職理由は正々堂々と話す

20代や30代での中途採用は、経験より可能性を期待しているので、正直にネガティブな退職理由を答えても良いと私は考えていますし、実際、私はそうして答えてきました。

 

給与と労働条件に大いに不満を持っていた事、つまり安い給料でコキ使われていた事を素直に正直に伝えました。

 

しかし同時に、前職で得たことや転職してからの、前向きなヤル気のある志望動機も堂々話しました。

 

若い人は下手に格好つけるより、また何処にでもいるような優等生的な受け答えをするより、素直な方が好感持たれるものです。

 

転職後に私が実際に面接をした人に聞いたのですが、若く率直な態度もチェックしていると教えられました。

 

また職歴に空白期間がある場合も、資格の勉強をしていた、家の手伝いをしていたという言い訳を作るのもいいですが、正直にその間にやっていたことを話しましょう。

 

学校を卒業後、就職するのが嫌でフリーターのようなアルバイト生活していた場合でも、「学校出た後、少し遊んでました」と軽く言ってしまえば、それ以上突っ込まれません。

 

書類選考段階で経歴を見て面接に呼んでいるので、面接官も空白期間があることくらい事前に分かってます。

 

でも会社側が期待してるのはあなたの過去よりも将来なのです。

 

20代、30代で自分の過去に否定的になってはいけません。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク