20 - 30代 転職活動での面接

若い年齢層の転職では成長性のある人材であることをアピールする

20 - 30代 転職活動での面接

20代や30代の年齢では、求人に応募し最終の面接で完璧な受け答えが出来なくても当然でしょう。面接官も、社会人としてキャリアを積んでいる中高年の求職者のような受け答えを期待はしていませんが、しかしマイナスの評価につながる対応は避けたいものです。

 

また、やはりベテランの中高年の求人と違い、その人が持つスキルやキャリアを期待しての求人ではなく、若い年齢層の入社後の成長性を期待されての求人ですから、採用されるためのアピールポイントは全く違ってきます。

 

率直に申し上げて、限定された特定の能力を持つ中高年の人材を求める求人と、成長性が重要視される若年層を募集する求人では、求人数が多いという反面、採用の決め手となる要因に特殊性はありません。ですから、より成長性のある人材であることをアピールすることが重要なポイントとなります。

20 - 30代 転職活動での面接 記事一覧

facebook はてなブックマーク