中高年の転職・再就職 - 20 - 30代・面接

20 - 30代 転職活動での面接

20代から現在の30歳代後半までに合計7回転職した経験を持つ私が、転職を成功させる、採用されるために最も重要な面接について、20代、30代の転職では、どのように対応すべきか、どういうことに注意すべきかのアドバイスをお伝えします。転職経験が少ない人20代・30代の人は是非参考にして下さい。

若い年齢層の転職では成長性のある人材であることをアピールする

20 - 30代 転職活動での面接

20代や30代の年齢では、求人に応募し最終の面接で完璧な受け答えが出来なくても当然でしょう。面接官も、社会人としてキャリアを積んでいる中高年の求職者のような受け答えを期待はしていませんが、しかしマイナスの評価につながる対応は避けたいものです。

 

また、やはりベテランの中高年の求人と違い、その人が持つスキルやキャリアを期待しての求人ではなく、若い年齢層の入社後の成長性を期待されての求人ですから、採用されるためのアピールポイントは全く違ってきます。

 

率直に申し上げて、限定された特定の能力を持つ中高年の人材を求める求人と、成長性が重要視される若年層を募集する求人では、求人数が多いという反面、採用の決め手となる要因に特殊性はありません。ですから、より成長性のある人材であることをアピールすることが重要なポイントとなります。

20 - 30代 転職活動での面接 記事一覧

20・30代の転職・再就職の面接は1次の一発勝負で決まる


面接は1次の一発勝負

私の経験から、20・30代の転職活動での面接は、40歳代以降で会社代表との2次面接があるのと違い、人事担当や現場の直接の上司になる人等が面接担当になる1次面接のみで採用、不採用が決まることが多いと考えています。
 

続きを読む

 

退職理由はネガティブな内容でも正々堂々と若く率直な態度で


退職理由は正々堂々と

20・30代での転職での中途採用は、経験より可能性を期待しているので正直にネガティブな退職理由を答えても良いと私は考えています。面接では若く率直な態度もチェックされています。会社側が期待してるのは過去よりも将来です。
 

続きを読む

 

社会経験が短くても面接で経歴の自己紹介と会社への質問は必須


経歴の自己紹介と会社への質問

20・30代の転職活動では、応募した会社の面接で学校を卒業してからの経歴の自己紹介が出来るように準備しておきましょう。また若さを前面に出し、会社側への質問は遠慮せず積極的に聞きたい事をどんどん聞くようにしましょう。
 

続きを読む

 

面接で落ちても転職活動を社会経験と割り切り次回に活かす


社会経験

たとえ面接まで受け不採用となっても、20・30代は40歳代以降の中高年と比べ転職・再就職を成功させる絶対的な機会は多いのです。不採用となっても、転んでもタダでは起きない発想を持ち今後のキャリアの血となり肉としましょう。
 

続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
転職・再就職支援サービス一覧 転職・再就職の成功に不可欠な支援 今すぐ転職・再就職したい中高年へ

転職ネット powered by TrendLead