20 - 30代 転職活動での面接

若い年齢層の転職では成長性のある人材であることをアピールする

20 - 30代 転職活動での面接

20代や30代の年齢では、求人に応募し最終の面接で完璧な受け答えが出来なくても当然でしょう。面接官も、社会人としてキャリアを積んでいる中高年の求職者のような受け答えを期待はしていませんが、しかしマイナスの評価につながる対応は避けたいものです。

 

また、やはりベテランの中高年の求人と違い、その人が持つスキルやキャリアを期待しての求人ではなく、若い年齢層の入社後の成長性を期待されての求人ですから、採用されるためのアピールポイントは全く違ってきます。

 

率直に申し上げて、限定された特定の能力を持つ中高年の人材を求める求人と、成長性が重要視される若年層を募集する求人では、求人数が多いという反面、採用の決め手となる要因に特殊性はありません。ですから、より成長性のある人材であることをアピールすることが重要なポイントとなります。

20 - 30代 転職活動での面接 記事一覧

面接は1次の一発勝負
20・30代の転職・再就職の面接は1次の一発勝負で決まる

新卒の就職活動の場合ですと、会社説明会、筆記試験、複数回行われる面接で会社に何度となく足を運ぶのが大半です。ですが転職・再就職活動ですと、会社の規模によりますが、会社説明会というのはほとんど無く、面接も1、2回程度、筆記試験もない場合が多くなります。内定まで会社に足を運ぶ機会が少ない20・30代は1次面接の一発勝負面接の仕方も新卒時のようにグループディスカッションや集団面接というのほとんど行われず...

続きを読む
退職理由は正々堂々と
退職理由はネガティブな内容でも正々堂々と若く率直な態度で

転職活動の面接に於いて聞かれる質問で、一番多いのが「前職を退職した理由」です。志望動機よりも多く聞かれて、また「どうして辞めた(辞めたい)のですか?」と突っ込まれるところです。40歳以降の方であれば、人生経験も豊かで臨機応変に対応も出来るでしょうが、20代、30代でこの場面でシドロモドロになることだけは避けましょう。事前の準備が重要です。中途採用者には疑心暗鬼がかけられている退職理由は正々堂々と中...

続きを読む
経歴の自己紹介と会社への質問
社会経験が短くても面接で経歴の自己紹介と会社への質問は必須

新卒時の面接の自己PRタイムのような大げさなものではありませんが、私の20代から30代の転職活動で、応募した会社の面接の最初に「学校を卒業してからの経歴の自己紹介」をさせられることが多々ありました。経歴は話せるように頭の中である程度作っておく転職経歴説明と質問も必須前述の通り、転職で求人に応募した面接では、前職の退職理由は必ずといっていいほど聞かれ確認されます。ですから面接での自己紹介の時、退職し...

続きを読む
社会経験
面接で落ちても転職活動を社会経験と割り切り次回に活かす

転職活動で面接まで進んでも、最期に落とされる、採用されないこともあると思います。私も20代と30代で、それぞれ何度も経験しています。転職・再就職活動は一種の「縁」のようなもので、会社によってどういう経歴の人材が欲しいのか様々ですし、採用を決める面接官との相性もあるでしょう。強力なライバルの出現という事も現実には少なくありません。「この会社に転職して頑張ろう!」と心に決めて準備万端で臨んだ面接、しか...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク