30代は転職以外の独立や副業でも道が開けてくる

会社を利用する発想で転職のみならず副業や起業も可能な30代

ここまでご紹介しました、私の30代の転職と再就職の経験談の記事は如何だったでしょうか?

 

決して成功談というわけではありませんが、転職だけを繰り返しているように見えても抜け道が存在し、その中に少しでも一貫するものでもあれば、何とかなる、自分の人生でプラスとすることが少なくないということがお分かりいただけたでしょうか。

 

 

転職以外でも道が開けてくる30代

会社を利用すべき30代

会社を利用すべき30代

20代のうちに大まかでも、将来進んでいきたい業種、職種の方向性が持つことが出来れば理想ですが、30代になり、20代での社会経験や貯めたお金を生かして、学生時代の夢や、やりたかった道へ進むのも面白いと思います。

 

経験もお金もない20代では実現できなかったことが、人生経験を積んだ30代の観点から模索できることもあるかもしれません。

 

今、私は昼間の仕事をしながら副業の仕事もしています。

 

このサイトの管理人である私の先輩と同じ考えでスタートしたのですが、一生会社勤めが可能かどうか、それは誰にも分かりません。

 

転職、再就職を望んでも適わない時、その副業が何かの助けになることもあると考えて行っています。

 

副業の仕事も貿易の仕事が役に立っている

私は30代後半で、副業をスタートしました。

 

その副業と貿易実務とは一見関連がないようですが、貿易実務は船の入出港日を基準に優先順位をつけて仕事を組み立てます。

 

私の副業の仕事には納期というのがあり、時間の使い方や優先順位の付け方等、本業の貿易の仕事で養われたことが応用できることも多いです。

 

転職するにしても、独立や副業をするにしても「会社を利用する」という発想、を持てれば、社会を生き抜く糧の一つとなると思います。

 

30代の若い年齢層の層の方では、転職経験がない、もしくは少ないので考え方が1つの会社勤務経験から硬くなってしまう、偏った考え方になり、「会社を利用する」という発想を持てない、そのために転職に中々動き出せないところもあります。

 

ですが、現実に私がいろいろな会社や職場、さらには失業期間に経験した実例が、そういう方の背中をポンと押せるような、私の転職体験談にはヒントになると思います。

 

さらには、最初の記事「家庭を持っていても転職で新しい環境に挑戦する30代」でも書きましたが、リストラでもされない限り20代で転職したことがなく、30代で一念発起で転職して一生勤められる会社を探す、理想の会社に転職できるという人は、実際には少ないと思います。

 

いくら慎重に会社選びをしても、実際に内部で働いてみて初めて分かること、また経済状況によっては会社の方針が一変することもあります。

 

仕事で収入を得るということは、40代、50代以降はもちろん、定年後でも食べていくためには、お金に困らない生活をするためには、常に考えなくてはならないことです。

 

どうか、「会社で働くことを自分の人生に利用する」という考え方を持って頂ければと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク