30代の転職では普遍的な処世術を身に付ける事が重要

転職先の環境に適応する為に普遍的な処世術を30代で身に付ける

同業界で転職をするなら30代で人材に求められるものは、業界での経験であるのは当然ですが、同時に身につけるべきものは、社会で生きるための普遍的な処世術であると考えています。

 

普遍的な処世術は、表向きには出てこないものなので、書類選考や面接で評価されるポイントではないですが、長い社会人人生には不可欠なものです。

 

 

転職しなくても様々な職場で働く可能性がある

普遍的な30代の処世術

普遍的な30代の処世術

いくつかの会社に転職する場合は当然ですが、同じ会社に在籍していても、転勤、異動、子会社や客先への派遣や駐在などなど、正社員でも社歴が長い程、様々な職場で働くことになります。

 

常に同じ上司、同僚と共に同じ仕事をするわけではないわけで、営業をしていた人が経理課にまわされるというような人事異動もあるでしょう。

 

新しい仕事、人間観環境の中で柔軟に適応していくことが求められます。

 

私は必要に迫れて再就職をし、さらにはその後に職場環境が一変した元の会社に復職し、さらに大手に転職、さらにまた転職という風に、同じ業界の中で30代に何度も転職をし、その都度、新しい環境で働いてきました。

 

その経験で痛感したのが、柔軟性の必要性です。

 

私は、転職で会社を転々としていますが、どんな会社、職場でも人間関係でのトラブルは一度も経験していません。

 

一生使える処世術を30代で身につける

  • 仕事の非が自分だけに責任が転嫁されない方法
  • 煩わしいことに巻き込まれるのを避ける為の社内の人間関係の手の抜き方等の処世術
  • 新しい仕事の覚え方や仕事の優先順位の付け方

などなど、20代から社会人を経験してきて、30代になる頃には自分なりの処世術ができていると思います。

 

これらのことは職場、業種、職種に関係ない普遍的なことで、もっと言えば独立して起業したり、副業を始める際にも応用できるものだと思います。

 

会社勤務する場合だけでなく、社会全般で通用するスキルと言えるでしょう。

 

社会人として佳境に入る40代、50代前に、一生使っていける、社会で生きていく普遍的な処世術を30代で身に付ける事が重要です。

 

これから中高年真っ只中の年齢層に入る、その前から、普遍的処世術を意識して会社勤めをすることをお勧めします。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク