30代で転職を繰り返えすがいつも転職・再就職に成功

転職を繰り返す30代で評価されたのは資格と同業界内転職である事

その後私は、30代前半で復職した会社で働きながら、その間にも転職支援サイトで更なる転職先探しを続けました。

 

1年半程後、転職支援サイトで大手有名企業の求人を見つけ求人に応募し内定をもらいました。

 

復職をした会社を辞職し、退職した翌日から業界では有名で大手の企業に、契約社員として働き始めました。

 

 

採用の決め手は失業期間中に取った資格

資格が評価され30代で大手に採用

資格が評価され
30代で大手に採用

契約社員とはいえ「正社員登用有り」を謳った「リクナビNEXT」という大手の転職支援サイトの求人だったので、応募数は100人以上、書類審査を通過して面接したの20人程、そして採用は私1名だったという、非常に狭き門の競争率の高い求人であったことを、入社後に人事担当の方から教えてもらいました。

 

業界を1年以上経験しているのを採用の条件としていて、その中から私は数年前に失業期間中に取得した貿易実務検定の資格が評価され採用されました。

 

こちらの「年に数回開催され難易度で別れている資格を取得し転職を有利に」でも書きましたように、この資格は決して難易度が高いわけではありませんが、採用担当者も同じ資格を持っていたことも幸運でした。

 

合格率が低い難関な国家資格だけでなく、働きながらでも取得しやすい資格を持っておくと、どこで誰に評価されるかわかりません。

 

転職を繰り返しても業界は一環

その大手企業での勤務ですが、私が病気をして入院してしまったこともあり、残念ながら契約更新ができず1年で退職することになってしまい、次の転職先は退職してから探しました。

 

しかし2つの会社から内定を貰い、退職してから3週間後には次の職場で働いていました。

 

再就職活動で、特に苦労をしたことはありませんでした。

 

私は30代で転職と再就職を繰り返していますが、30代で比較的すぐに転職先が見つかった理由は、下記の通りだと分析しています。

  • 業界で評価される資格を持っている
  • 転職回数が多いとはいえ同業界というのは一貫
  • 雇用形態に関係なくいくつかの同業界の大手企業で働いていた信頼性

私がキャリアを積んでいる同業界の求人ならば、応募すれば必ず書類審査は通って面接までいけるパターンが多いです。

 

一貫して同じ業界でキャリアを積んでいるならば、30代の若い人材としての可能性と成長性という価値もプラスされますので、30代での転職活動は攻めの姿勢で、より高いところへの転職にチャレンジすべきだと私は思っています。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク