試用期間で自分も会社を判断する発想で転職した30代

転職先の試用期間は保険・年金関係に加入せず退職し前職に復職

私は30代でリストラに遭い会社を解雇され、その後、ハローワークへ失業保険の認定日に行った際にはいつも求人を検索、それを何度か繰り返した3か月後、その時に見つけた会社の求人に応募し内定を貰い、会社に勤めることになりました。

 

 

社会保険・年金に入らず働いてみる

30代での転職先の判断

30代での転職先の判断

職種、雇用形態も前職と同じ貿易業務の特定労働派遣でしたが、給与の金額に若干の不満を持っていたために様子見をすることとし、とりあえず試用期間3ヶ月は会社の社会保険、年金関係には加入しない形で働き始めました。

 

転職活動の場合、新卒の就職時と違って、仮に複数内定をもらっても会社を就職先を選ぶ時間的な猶予がありませんし、会社との条件交渉次第というのもありますが、保険、年金関係には入らず試用期間をやってみて自分も会社を判断するという発想を持っても良いと思います。

 

もし自分に会社が合わないと思ったら、また転職活動をすれば良いわけです。

 

特に私の場合、再就職に有利な資格を取ることに成功していて、資格取得後、すぐに再就職が出来たという実績もあり、まだまだ30代の初めという年齢の若さからの自信もあるので、特に「強気」の姿勢でいられました。

 

年金関係も入ってないので、履歴書にその会社を職歴に入れるかは任意になります。

 

数ヶ月しか働かなくても得るものはある

結論から言って、転職した会社への待遇の不満、また人材面でも有能で経験豊かな尊敬できる人もほとんどいないという働きにくさもあり、またタイミング良く、前職から「空きがあるからウチに戻ってこないか?」と元上司から連絡あり、少し調子の良い話ですが、4ヶ月程で退職して、3月までいた会社に年末から復職しました。

 

リストラで解雇された会社に復職することに、少し抵抗を感じましたが、あの世界的な不況の嵐の中では会社としても致し方なかったこと、また元上司が有能な人であったので、その方と再度一緒に仕事が出来ることに喜びを感じて、前職に出戻りをしました。

 

4ヶ月間、働いていた会社は、勤務していた期間も短く保険、年金関係に入ってないので、履歴書に書いても書かなくても良い無駄な経歴となってしまいましたが、30代の社会人のキャリアとして得るものはありました。

 

仕事の実務において、再就職先はベテランと言える人材が少ない会社であったため、働きにくさはあったものの、前職では人に任せていた業務も私が兼任せざるを得なかったのですが、それがまた、私のキャリア、スキルになったと実感しました。

 

仕事の内容次第では、たとえ数か月でも、今までに経験したことのない環境や条件で働くということは、キャリア形成になるのだと感じたものです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク