30代が持つお金と社会人経験を投資し転職活動でキャリアアップ

転職活動をしながら30代の貯蓄と経験を活用しキャリアアップ

私の最初の30代での再就職活動では、前職をリストラで解雇されてから約3ヵ月後に、一応同業種で再就職先を見つけ採用されました。

 

リーマンショックによる不況、会社都合の退職で、退職金や失業保険の収入があるという、少し恵まれた特殊な状況だったとはいえ、働きながら年月を掛けて行く予定だった海外旅行や、取得する予定だった資格試験も失業期間の間に達成できました。

 

失業していた期間を、ここまで有効に使えたのは、不況で求人数が激減し、バタバタと再就職を焦っても仕方ない、どうしようもないという諦めの気持ち、そして30代の前半という若い年齢での、精神的な余裕もあったお陰だと思っています。

 

 

お金と社会人経験がある30代

貯蓄とキャリアが活かせる30代

貯蓄とキャリアが
活かせる30代

結果的に時間とお金を有効活用することができた失業期間の3ヶ月でしたが、退職してから仕事を探す30代の転職活動中の人にも、ヒントになることが多いと思います。

 

20代と30代の転職活動している人の一般的な違いは下記になると思います。

  • 20代と比べて今まで働いている期間が多いから貯蓄に余裕がある30代
  • 社会人としてのキャリアも20代より豊富な30代

 

お金と時間を自分に対する投資という発想

前者の「貯蓄に余裕がある30代」については、各人によって状況は違うでしょうが、貯蓄に少しは余裕がある30代の人が多いはずなので、そのお金を使って、私のように旅行や資格の勉強したり、今後語学を生かしたい働き方をしたい人は、短期留学してみたり自分に対する投資をしてみるのも良いと思います。

 

20代は、まず社会に出て必死になって働くあまり、自分に対する投資にお金を使うということを忘れがちになりますし、実際に働いているとお金を使う暇もあまりありません。

 

また社会人経験の浅さから、どんなことにお金を投資すべきか、どれだけ投資すべきかも適切に判断できないでしょう。

 

さらに言えば、10年ほど実務に就いて仕事をこなし経験を積み、キャリアと呼べるものを身に付けてから、その後自分のキャリアをさらに強力な人材価値とするモノに自己投資するというスタンスが大切だと思います。

 

後者の「キャリアも20代より豊富な30代は、前者の「貯蓄に余裕がある30代」とも連動してきますが、ある程度キャリアも積んで、社会も分かってくる30代だからこそ、新しい志向性が生まれたり、学生時代の夢にも再挑戦できるかもしれません。

 

例えば、人気歌手を目指して10年頑張った人が、30代になり、新しく小説の書き方を勉強しても、歌手というキャリアの価値を上げることにならず、自己投資するならばブロードウェイに留学するということが有益となるわけで、もしかしたらミュージカルという新しい志向を見出すことになるかもしれません。

 

貯蓄もキャリアも、どちらも30代の社会人の強みであると私は思います。

 

30代で退職してからの転職活動期間を、転職活動のみに集中するのではなく、社会人としての人材価値アップの良いチャンスとなるように使うことも考えるべきかとと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク