家庭を持っていても転職で新しい環境に挑戦する30代

転職経験の有無で2つのタイプに別れる30代の社会人

30歳を越えると、新卒で入社した社員は勤続10年近くになり、立場も若手社員から中堅社員となり、ベテラン社員の域に入っていきます。

 

 

30代の社会人は2つのタイプに別れる

転職に挑戦するタイプの30代

転職に挑戦する
タイプの30代

30代は人によっては結婚もして子供もできて、社会的にも落ち着いてくる頃でもありますが、以下の2つのタイプに別れるようです。

  • 20代で一度も転職した経験や、転職しようとした意志がなくて、リストラでもされない限り落ち着いてきて、会社の中核となっていくタイプ
  • 20代で転職経験がある人や若い時期に経歴にブランクがある人等を中心に、30代でもう一度転職をしようというタイプ

に別れると思います。

 

家庭を持っていても転職する人はする

私自身も、またこの記事に興味持った方の多くは後者、つまり転職を検討している人だと思いますが、不思議なことに周りの社会人を見ても、結婚していていても後者のタイプは30代になっても新しい環境に挑戦しようとします。

 

転職の動機は

  • 自分の可能性をさらに試したい
  • 現在の待遇やポジションに満足できない
  • 年収アップ・キャリアアップ・スキルアップを叶えたい
  • 仕事内容・待遇、環境、人間関係に不満を抱いている

など人それぞれでしょうし、上の幾つかの動機を複数持ち検討をするケースもありますが、現状を打破し挑戦をしたいというマインドは共通しています。

 

家庭を持ったら落ち着くという固定観念がありますが、個人的には20代で社会人としてどのように過ごしたかで、その後の30代以降の仕事観、収入やポジションに対する考え方が異なると感じます。

 

将来性を買われる20代と違い、30代の転職は「経験・キャリア」こそが採用の鍵になるのは間違い有りません。

 

しかし30歳を超えても、転職回数が多くても、ビックな有利な資格を持ってなくても転職はできますし、どんな形であれ大企業に潜り込んで、それをステップにすることも可能だと思います。

 

40代までで、7回の転職と再就職を経験している当サイト管理人の後輩である私の、活動体験談を元にヒントになることがあれば幸いです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク