30代からの転職活動記録

転職や再就職に有利なスキルや資格を取得する40代中高年男性

30代からの転職活動記録

こちらのカテゴリーページからは、当サイト管理人の業界の後輩で、20代から40代までに7回の転職と再就職を経験し、派遣社員としての勤務経験もある男性の手記で、20代からの年代別での就職に関する考え方、取り組み方へのアドバイス、経験談をご紹介します。

 

ご紹介します男性は、働き方に対して非常に自由な考え方を持った40代の中高年男性で、自身の自由な生き方を優先し特に正社員としての雇用にこだわりを持たない人です。

 

派遣社員としての就職を繰り返しながらも、仕事をする上でスキルを身に付け、転職や再就職に有利となり結果を得やすい資格の取得にも挑戦し、自分の人材価値を上げることを常に念頭に置いて働いています。生き方の1つとして、プライベートと仕事の両立を具現化している男性のレポートを紹介します。

30代からの転職活動記録 記事一覧

新しい環境に挑戦
家庭を持っていても転職で新しい環境に挑戦する30代

30歳を越えると、新卒で入社した社員は勤続10年近くになり、立場も若手社員から中堅社員となり、ベテラン社員の域に入っていきます。30代の社会人は2つのタイプに別れる転職に挑戦するタイプの30代30代は人によっては結婚もして子供もできて、社会的にも落ち着いてくる頃でもありますが、以下の2つのタイプに別れるようです。20代で一度も転職した経験や、転職しようとした意志がなくて、リストラでもされない限り落...

続きを読む
リーマンショックによるリストラ
リーマンショックによるリストラで無職で迎えた30歳

私には、会社勤めも落ち着いてきたかなと思った30歳を迎える4月から無職となってしまった、失業をした経験を持っています。無職となった理由は、前年の2008年に起きたリーマンショックにより世界的な不況に陥り、自分が携わっていた貿易関連業界も日本からの輸出量が大幅に落ちてしまい、その煽りを受けた会社からのリストラ解雇で失業をしたというものでした。同世代の男性社員がリストラ対象30歳を無職で迎える当時の私...

続きを読む
無職状態を割り切る
無職状態を割り切り海外に出かけたが求人には転職サイトから応募

30歳でリストラに遭い失業し無職になったとはいえ、幸いにも私は金銭的に困っていた状況というわけではありませんでした。会社都合ということで、退職金として数か月分の給与が入り、失業保険も待機期間を待たず貰えましたし、健康保険料も割引されました。実家暮らしをしている身というのもありましたし、お金のことだけを考えれば、むしろ臨時ボーナスが入って働かずお金が定期的に入ってくるという感覚で、この先再就職できる...

続きを読む
資格を取得
年に数回開催され難易度で別れている資格を取得し転職を有利に

失業期間に呑気に海外旅行を繰り返していた5月から6月に入り、転職支援サイトやハローワークで求人情報のチェックをしながら、私は資格試験の勉強を開始しました。少しでも有利な再就職をするためには、資格を取ることが最も有利と考えたからです。この資格試験の勉強も、失業期間を有効活用したと言えるでしょう。国家資格より難易度別の資格が狙い目難易度別の資格が狙い目年に1回開催される合格率が10%前後の難関な資格は...

続きを読む
お金と社会人経験を投資
30代が持つお金と社会人経験を投資し転職活動でキャリアアップ

私の最初の30代での再就職活動では、前職をリストラで解雇されてから約3ヵ月後に、一応同業種で再就職先を見つけ採用されました。リーマンショックによる不況、会社都合の退職で、退職金や失業保険の収入があるという、少し恵まれた特殊な状況だったとはいえ、働きながら年月を掛けて行く予定だった海外旅行や、取得する予定だった資格試験も失業期間の間に達成できました。失業していた期間を、ここまで有効に使えたのは、不況...

続きを読む
自分も会社を判断する発想
試用期間で自分も会社を判断する発想で転職した30代

私は30代でリストラに遭い会社を解雇され、その後、ハローワークへ失業保険の認定日に行った際にはいつも求人を検索、それを何度か繰り返した3か月後、その時に見つけた会社の求人に応募し内定を貰い、会社に勤めることになりました。社会保険・年金に入らず働いてみる30代での転職先の判断職種、雇用形態も前職と同じ貿易業務の特定労働派遣でしたが、給与の金額に若干の不満を持っていたために様子見をすることとし、とりあ...

続きを読む
仕事の速さという時間的概念
転職先で得た仕事の速さという時間的概念の30代のスキル

私が30代で再就職した会社での私のメインの仕事は、各物流会社から書類を集めて、それを元に船会社に提出する「船荷証券」という有価証券の書類を作成する業務でした。リーマンショック真っ只中の当時、4ヶ月間働いた会社もリストラこそなかったものの、社員はボーナスカット、またなるべく残業させないで残業代も少しでもカットするようにしていました。仕事の速さを意識するようになる仕事の速さというスキル再就職をした会社...

続きを読む
転職を繰り返えすがいつも成功
30代で転職を繰り返えすがいつも転職・再就職に成功

その後私は、30代前半で復職した会社で働きながら、その間にも転職支援サイトで更なる転職先探しを続けました。1年半程後、転職支援サイトで大手有名企業の求人を見つけ求人に応募し内定をもらいました。復職をした会社を辞職し、退職した翌日から業界では有名で大手の企業に、契約社員として働き始めました。採用の決め手は失業期間中に取った資格資格が評価され30代で大手に採用契約社員とはいえ「正社員登用有り」を謳った...

続きを読む
普遍的な処世術
30代の転職では普遍的な処世術を身に付ける事が重要

同業界で転職をするなら30代で人材に求められるものは、業界での経験であるのは当然ですが、同時に身につけるべきものは、社会で生きるための普遍的な処世術であると考えています。普遍的な処世術は、表向きには出てこないものなので、書類選考や面接で評価されるポイントではないですが、長い社会人人生には不可欠なものです。転職しなくても様々な職場で働く可能性がある普遍的な30代の処世術いくつかの会社に転職する場合は...

続きを読む
独立や副業
30代は転職以外の独立や副業でも道が開けてくる

ここまでご紹介しました、私の30代の転職と再就職の経験談の記事は如何だったでしょうか?決して成功談というわけではありませんが、転職だけを繰り返しているように見えても抜け道が存在し、その中に少しでも一貫するものでもあれば、何とかなる、自分の人生でプラスとすることが少なくないということがお分かりいただけたでしょうか。転職以外でも道が開けてくる30代会社を利用すべき30代20代のうちに大まかでも、将来進...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク