中高年の転職・再就職 - 30代からの活動記録

30代からの転職活動記録

当サイト管理人の後輩の、30代からの転職活動経験記をご紹介します。リストラされ30歳を無職で迎えた私の後輩の、その後の数々の転職活動の記録、また転職、再就職活動を通じて学んだ30歳代で成すべき事のアドバイスをご紹介します。

30代からの転職活動記録 記事一覧

家庭を持っていても転職で新しい環境に挑戦する30代


新しい環境に挑戦

30代の社会人は、転職経験が無く会社の中核となっていくタイプと、20代で転職経験があり、もう一度転職をしようというタイプの2つに別れると思います。後者のタイプは、30代で家庭を持っていても新しい環境に挑戦します。

≫続きを読む

 

リーマンショックによるリストラで無職で迎えた30歳


リーマンショックによるリストラ

私はリーマンショックによるリストラで、30歳を無職で迎えました。特定労働派遣の雇用形態で同世代の男性社員がリストラ対象となり会社都合の退職勧告を受けました。すぐさま派遣会社の登録や中途採用の面接の予約を入れまくりました。

≫続きを読む

 

無職状態を割り切り海外に出かけたが求人には転職サイトから応募


無職状態を割り切る

30歳で無職になったとはいえ会社都合で退職金で数か月分の給与と失業保険が支給されたので、金銭的に困りませんでした。自由な時間を使えると割り切り海外に出かけました。ですが海外にいても、求人には転職サイトから応募をしました。

≫続きを読む

 

年に数回開催され難易度で別れている資格を取得し転職を有利に


資格を取得

転職活動の失業期間中、簿記や英検のように年に何回か開催され、難易ごとに別れている資格を取得すると転職、再就職に有利です。合格率が低い国家資格はリスクが有りますが、自分のレベルに合う難易度の資格に挑戦する事をお勧めします。

≫続きを読む

 

30代が持つお金と社会人経験を投資し転職活動でキャリアアップ


お金と社会人経験を投資

30代は20代と比べ、よりお金と社会人経験を持っています。転職、再就職活動中に、これらを活かしてみましょう。お金で自分に対する投資をしてみる、社会人経験から新しい志向性を考えたり、夢に再挑戦するのも良いと思います。

≫続きを読む

 

試用期間で自分も会社を判断する発想で転職した30代


自分も会社を判断する発想

30代で初めて転職した会社では社会保険、年金関係に加入せず働き始めました。試用期間で自分も会社を判断する、合わないと思ったら辞めるという発想からです。4か月の勤務でしたが、30歳代のキャリアとして得るものはありました。

≫続きを読む

 

転職先で得た仕事の速さという時間的概念の30代のスキル


仕事の速さという時間的概念

試用期間の転職先では、仕事の速さを意識するようになりました。不況で会社のコスト削減や人員不足が30代の自分のスキルを高める事となり、時間的概念の意識を持つようになり、それ以降就職した会社でも仕事の速さは評価されました。

≫続きを読む

 

30代で転職を繰り返えすがいつも転職・再就職に成功


転職を繰り返えすがいつも成功

復職した会社で働きながら、私は転職サイトで転職先探しをし、1年半程後に業界大手企業に持っている資格が評価され契約社員として働き始めました。その後も30代で転職を繰り返していますが、全て転職、再就職に成功しています。

≫続きを読む

 

30代の転職では普遍的な処世術を身に付ける事が重要


普遍的な処世術

30代では、新しい仕事や人間観環境の中で柔軟に適応していく、社会で生きるための普遍的な処世術を身につけるべきです。社会人の佳境に入る40、50代前に、一生使える社会で生きる処世術を30代で身に付ける事が重要です。

≫続きを読む

 

30代は転職以外の独立や副業でも道が開けてくる


独立や副業

30代は、転職や再就職以外の独立や副業でも道は開けてきます。30代後半で始めた副業では、本業で養われた事が応用できる事も多いです。転職でも独立や副業でも、会社を利用する発想が、社会を生き抜く糧の一つとなると思います。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 


ホーム RSS購読 サイトマップ

転職ネット powered by TrendLead