社会人経験が乏しい人にお勧めの常用雇用型の特定労働派遣

派遣会社の利用 - まず派遣社員として経験を積んでみる

前のカテゴリーまでで、若年層の方は転職支援サービスを中心に直接企業とコンタクトを取って、積極的に求人に応募するのが良いとお伝えしてきました。

 

求人への応募そのものに関して、20代から30代の若い方は雇用形態について、業種に関係なく、あえて正社員に拘らなくても良いと私は思います。

 

私自身、派遣社員という雇用形態を選んだ経験を持っています。

 

 

経験がないと厳しい派遣社員

常用雇用型の特定労働派遣

常用雇用型の
特定労働派遣

派遣社員として実務経験を積んで、その後、同業界や派遣先の企業の正社員を目指す手もあります。

 

私の場合、大学卒業後は正社員で年中会社や仕事に拘束されるのではなく、好きな海外旅行を好きな時に楽しみたいという動機で派遣社員という形態で就職先を探していました

 

学校の就職課で教えてもらった志望業種(貿易関係)に強い派遣会社のテンプスタッフや商船三井キャリアサポート等に登録しました。

 

テンプスタッフ

 

業種にもよるでしょうが、派遣社員というのは基本的に企業が新人教育をする労力や経費がカットできる即戦力になる経験者が求められます。

 

つまり、あるレベルのキャリアを持つ人材、その業界での経験とスキルを身に付けている人材である事が必要なのです。

 

なので新卒である私の場合、同業界の経験どころか社会人経験もなかったので、当初は希望業種で求人も仕事もほとんど見つかりませんでした。

 

一般的に正社員がダメなら派遣社員からという常識がありますが、この考えは私の志望であった貿易業界では通じませんでしたので、結局、経験が浅くてもポテンシャルで採用してくれる正社員採用の企業を探す事となりました。

 

業界での経験が乏しい人にオススメの特定労働派遣

当時は私も知らなかったのですが、派遣社員というと一般的に登録型の時給制の雇用を思い浮かべますが、派遣元(派遣会社)の正社員になり派遣先に出向するという常用雇用型の特定労働派遣という形態があります。

 

特定労働派遣は、給与は時給ではなく月給制で、登録型では交通費は時給に込みですが交通費も出ますし、多くは賞与も出ます。

 

実はこの特定労働派遣という雇用形態は、社会人経験が乏しい人には非常にお勧めの働き方なのです。

 

次のページで、20代や30代で社会人経験の浅い人への特定労働派遣のメリットについてご説明します。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク