派遣社員から正社員に転職する

待遇や条件を整え雇用形態のバリエーションを増やしている派遣会社

派遣社員から正社員に転職する

派遣社員として会社に就労する、仕事をするという考え方は転職や再就職活動に加えるべき選択肢であると思います。男性と女性では、仕事や収入に対する考え方もスタンスも違いますが、正社員と大差ない待遇である派遣も、転職や就職を考える際に検討に加えるべきです。

 

派遣でも、派遣会社に正社員雇用されて、その後に派遣先の会社で仕事を行うというシステムを取っている会社もあり、その場合は正社員として雇用されて契約企業に出向くという雇用形態ですので、あくまでも正社員としての就労です。

 

就労形態も時代と共に変化し、待遇や条件を整えてバリエーションを増やしています。固定観念に捕らわれずに柔軟に派遣も検討してみることをお勧めします。

派遣社員から正社員に転職する 記事一覧

常用雇用型の特定労働派遣
社会人経験が乏しい人にお勧めの常用雇用型の特定労働派遣

前のカテゴリーまでで、若年層の方は転職支援サービスを中心に直接企業とコンタクトを取って、積極的に求人に応募するのが良いとお伝えしてきました。求人への応募そのものに関して、20代から30代の若い方は雇用形態について、業種に関係なく、あえて正社員に拘らなくても良いと私は思います。私自身、派遣社員という雇用形態を選んだ経験を持っています。経験がないと厳しい派遣社員常用雇用型の特定労働派遣派遣社員として実...

続きを読む
正社員雇用の特定労働派遣
特定労働派遣は正社員として雇用され月給制で会社内での結束も

派遣元の企業(派遣会社)の正社員として、派遣先企業に出向して働く形態の特定労働派遣。通常の登録型の時給制の派遣社員は、派遣先の企業に即戦力として雇われるので新人研修などを受ける機会があまりありません。しかし特定労働派遣の場合、派遣元の会社の社員という立場で派遣先に出向するので、派遣される前に研修期間を設けているところも多くあります。同じ派遣会社内での結びつきがある雇用形態は正社員の派遣社員通常の派...

続きを読む
派遣社員から正式雇用のパターン
正社員のつもりで仕事をし派遣社員から正式雇用のパターンを狙う

登録型派遣にも、この記事「失業状態から脱却し正社員雇用を前提とする紹介予定派遣」でサイト管理人さんが紹介されているように、派遣先で正社員になるのを前提に派遣される紹介予定派遣というのがありますが、特定労働派遣でも派遣先に正社員として引き抜かれる可能性があります。新卒枠から外れて就職する人、また私のように希望業種が限定されていて、尚且つ転職・再就職が厳しい場合は、派遣社員から派遣先の正社員雇用という...

続きを読む
派遣社員のデメリットをメリットに
派遣社員のデメリットである立場の弱さをメリットに変える発想

派遣社員という雇用形態には当然デメリットもあります。そのデメリットを、少しでも自分の将来に有利にさせるための考え方について、私の派遣社員経験からお話したいと思います。登録型も特定労働派遣型も、派遣先とは数ヶ月単位での契約更新が一般的で、不況などの経済動向や派遣社員自身の仕事のパフォーマンスによって契約を打ち切られやすいと言われます。派遣社員は緊張感を持って仕事ができる派遣社員と緊張感" />派遣社...

続きを読む

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク