20代は会社で学べるものは学び石の上にも3年にこだわらず転職

会社を利用する発想 - 在職中の会社で盗めるものは盗む

就職したら「石の上にも3年」、仕事は3年間続けて一人前、とか言われます。

 

3年というのが一つの区切りになっていますが、この3年という期間はあまり気にする必要はないと私は思います。

 

 

石の上にも3年説にはこだわらない

会社を利用するという発想

会社を利用
するという発想

今まで話してきた通り3年働いて転職を考えるのも良いですが、若い20代では職歴が浅い第二新卒層の需要がありますし、3年待たずに会社を見切ってしまうのも一つの手です。

 

会社としては、この層を半新卒扱いで若い人材を育てていたい、と考えてることも少なからずあるからです。

 

社会人経験ゼロよりも社会人としてのマナーが身についてますし、同業界内ならの業務や商材の基本的な知識はあるはずですので、即戦力としてまではいかないでも、その辺りの基礎教育の労力はカットできるので、採用する会社としては使い勝手が良い人材となるのです。

 

在職中の会社で学べるものは学んでおく

20代で3年待たずして退職するのは、キャリアとしてそれほどの致命傷にはなりませんが、しかし会社が嫌だから逃げるようにして辞めるという後ろ向きな気持ちでの転職では勿体無いとも言えます。

 

仕事しながらの転職活動でも、退職してから転職活動をする事を計画するにしても、次に繋げるために今の仕事で学べるものは全て盗んでも身に付けておくべきです。

 

例えば電話対応、ビジネスメールのやり取りは会社員として普遍的な知識とスキルですし、同業界に転職をする予定ならば基本的な業務の用語や流れ、更には周辺業界や取引先など、覚えれるだけ覚えておきましょう。

 

給与もらって学んでるんだという「会社を利用する」という発想を持ちましょう。

 

これは年齢に関わらず、その後の社会人キャリア形成の面でも持っておきたい考えです。

 

私自身、会社から給料を貰いながら自分自身という個人を成長させる、今勤務している会社を利用するという考えで仕事を続けてキャリアを積んだ事が、その後の転職でも再就職でも大いに役立ちました。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク