20代の転職では経験より将来性が買われ職歴があれば有利

20代で職歴ある人の転職活動 - 経験が乏しくても重宝される

ここまでは、職歴経験が乏しい既卒や第二新卒対象の就職活動の話をお伝えしましたが、ここからは20代で数年の職歴がある人の転職活動の話をお伝えします。

 

 

20代は経験より将来性が買われる

職歴は転職で有利に

職歴は転職で有利に

どの業種も30歳の手前までの年齢層の人材に対して企業側は、経験よりも若さによるポテンシャルを重視しています。

 

会社としても新卒ではないけど、今後中枢となっていく人材のために時間とお金を投資したいのです。

 

私が今まで社会に出てから出会った人や学生時代の同級生にも、

  • 司法試験の勉強オンリーだったため30歳で初めて会社に就職した人
  • 30歳手前まで海外に遊学していて帰国し国内で初めて社会人経験した人

などがいました。

 

今の時代20代に職歴があるだけでも有利

そういう人達ですら特に問題なく就職できてるのですから、20代で数年でも職歴自体があるというのは大きな武器となるというくらいに割り切って、積極的に転職活動をしましょう。

 

転職先が同業界でも異業界でも数年社会人を経験してれば、社会常識やマナー、仕事を覚える時のメモの取り方等などの基本的なことは身につきますし、仮に知識がゼロの新しい仕事を覚えることになっても、覚えるスピードは社会人経験ゼロの状態とは雲泥の差なはずです。

 

ですから、先のページで「職歴が無い20代の求職者」の方に、求人応募の際の自由項目欄に必ず自己PRを書き込むことをアドバイスしたように、たとえ短い期間であっても、自分の職歴を詳細に記述するようにしましょう。

 

自己PRとして、必須であると考えておいて下さい。

 

また出来ればプロである転職エージェントの方に、職歴の書き方、自己PRをチェックしてもらい、必要に応じて添削してもらう事もお勧めです。

 

転職ができるという不安もあるでしょうし、仮に転職しても新しい仕事、人間関係を構築していくのが億劫なので、現状の会社の業務や待遇に不満でも、生活のためと割り切って続けるのかは個人の価値観ですが、自分の可能性を信じて思い切って人生を変えてみるのも面白いはずです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク