20代での転職サイト登録は2~3つに絞る方が効率的

転職支援サイトの利用 - 転職活動の中心となる求人情報の検索

20代の若年層のみならず、30歳以降の中高年層の転職活動の求人情報収集で中心になるのが民間の転職支援サイト。

 

大手のリクルートエージェントやマイナビエージェントなどを中心に多く求人情報がありますが、求人数が多くない40代、50代は、当サイト管理人さんも勧めているように、1件でも情報を多く入手するために手当たり次第に転職支援サイトやエージェントに登録するべきでしょう。

 

しかし若い20代ですと、多くの企業が欲する年代であり、あまりにも多く支援サイトに登録すると情報収集が大変になってしまいます。

 

また求人情報も被ってることが多い、つまり同じ求人を色々な支援サービスが扱うので、2~3つのサイトに絞って、そこを中心に求人情報を得て応募するのが良いと思います。

 

 

使いやすい転職支援サイトを2~3つに絞って使う

20代では転職支援サイトを絞る

20代では
転職支援サイトを絞る

私の場合は、大学生の頃からリクナビNEXTを使い続けています。

 

リクナビNEXT

 

理由は使い慣れているので、求人情報が検索しやすく、求人内容もわかりやすいという個人的な理由ですが、上に挙げた大手サイトならば、どこのサービスをメインに使っても問題はないでしょう。

 

大手の転職支援であれば、求人応募書類の書き方や面接などでの有利な対処方法が学べますし、更に採用されるためのノウハウの個人指導を受けたい場合は、担当者から個人的に指導が受けられる転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

 

リクルートエージェント

 

ただ自分に合った求人が、なかなかと見つからない場合は、やはり他の転職支援サイトの求人情報もチェックするべきです。

 

ここでは、リクナビNEXTの場合での求人応募の仕方の話をします。

 

第二新卒層の人は、求人要綱に未経験者歓迎の若葉マークがついてる求人に積極的に応募しましょう。

 

この若葉マークが、業界未経験者、社会人未経験者のどちらを意味するかは会社側の判断なのでわかりませんが、少なくとも若い人材にチャンスがあるのだと割り切りましょう。

 

実際に私も大学卒業後の最初の内定は、若葉マークのついている求人の会社でした。

 

任意の自由項目欄に必ず自分のPRを書く

職歴がない場合、応募フォームにただ学歴と資格だけ並べて応募するのは、あまりにも勿体無いですし、下手をすると不利になりかねません。

 

リクナビNEXTの求人では職歴の記入は任意ですが、自由項目の欄があるのでそこに必ず自己PRを記載しましょう。

 

いくら面接で強力に自分をアピールする自信があっても、その前段階で採用担当者に「面接をしたい」と思わせる事が出来なくては、全く意味がありません。

 

書類だけで採用側に少しでも興味持ってもらうために、就職をしなかった空白期間に何をしていたかでもいいですし、現在の志向性でもいいです。

 

アルバイトをしたならば、その内容やアルバイトを通じて学んだ事などを書くのもいいでしょう。

 

いずれにしても、前向きな姿勢が相手に伝わる内容を必ず書き込むようにしましょう。

 

書類上で可能な限りの最大限のアピールをして、後は面接や筆記試験への通過通知の連絡を待つだけです。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク