新卒ではなくとも20代の若いパワーと将来性を求める企業は多い

20代の経験が浅い転職活動 - 経験よりもポテンシャルが大事

学校卒業後、ワケありで20代半ばの職歴がない人たちは、一旦社会のレールから外れてしまったという事から、その後の就職は難しいと思ってしまうようです。

 

しかし、そんなことは全くありません。

 

若さを武器に、果敢に積極的に自信を持って就職活動をするべきです。

 

 

新卒枠を外れてもこの層をターゲットにしている企業は多い

新卒至上主義ばかりでは無い

新卒至上主義
ばかりでは無い

前の記事で挙げたように、

  • 在籍していた学校の就職課を訪ねて求人をチェックしダメ元で新卒枠で応募する
  • 転職支援サイトの第二新卒枠や若年層に特化したカテゴリー求人に応募する
  • 転職エージェントを使い第二新卒枠の求人紹介を受け応募する

ことをお勧めしますが、更に派遣会社に登録し派遣社員として企業に潜り込み正社員を狙うのも一つ手でお勧めです。

 

とにかくこの年齢層の年代の人材は、たとえ社会人経験が乏しくても「若さが最大の武器」になります。

 

企業の採用方針にもよるでしょうし、その時の経済状況にもよるでしょうが、日本社会の高齢化もあり、経験者である中高年の人材を求めるケースもあれば、同時に長く勤めてくれる可能性が高い若い人材に、お金と時間を投資して教育したいという求人のケースも多々あるのです。

 

20代での転職活動は新卒者には経験できないものが得れる

20代の方は、同世代が既に社会人になっていて焦ることもあると思いますが、新卒の就職活動では経験できない逆境での就職活動の経験は、必ず社会人になってから糧となります。

 

だって表向きは応募資格がない新卒枠の採用人事に、直接電話で事情を話して求人に応募するなんて、新卒で就職した人は経験もしてないし、その発想すらないでしょう。

 

世の中には物事の抜け道があって、そのチャンス掴めたという経験をこの時期にするだけでも一つの貴重な経験なのです。

 

若い人材は、どんな時でも一定数の求人があります。

 

そこに求人に対して直接に自分を売り込んでくるという積極性が認められれば、人事担当者は「どんな若武者か一度会ってみようか…」と感じるものだと思います。

 

若い人材に求められるのは、お祭りの神輿を元気よく担ぐパワーのある人材です、決して神輿にぶら下るひ弱な人材ではありません。

 

次のページから紹介します私の今までの就職・転職活動記事を参考にして頂き、職歴がない既卒者や、職歴が浅い20代の転職希望者に、今後の社会人生活の糧となるような就職活動を経験するヒントにして、若いとうメリットを活かして積極的に就職活動を行って頂きたいと思います。

 

前のページ

次のページ

facebook はてなブックマーク

 
スポンサードリンク